アーケード版『ヘビーウェイトチャンプ』の思い出。

オレ流ゲームレビュー
スポンサーリンク

“体感”ならぬ“体汗”ゲーム?

 セガの体感シリーズで登場したボクシングゲームです。

 当時のセガは『スペースハリアー』、『アウトラン』、『ハングオン』に代表される体感ゲームが当たっており、その流れで登場したのがこの『ヘビーウェイトチャンプ』でした。

 しかしこいつはヒットしなかったようで(笑)、ゲーセンには定着しませんでしたね。ただ私は結構好きで、よくプレイしていました。

 プレイスタイルはスタンディングです。操作方法は…ちょっと説明しづらいのですが、手前に伸びている二本のアームを握り、それを押し込むことでパンチを出す、というものでした。

 また、筐体を左右に回転させることができ、回転させつつアームを押し込むことで、フックが打てたりしました。たしか相手のパンチも、この左右の振りで避けてたんじゃないかな?

 でもって、結構疲れるんですよ、このゲーム。“体感ゲーム”ならぬ“体汗ゲーム”といってもいいくらいで、2、3戦するとなかなかにいい汗がかけました。

 このあたり、スポーツゲームにきちんとフィジカルを組み込んでいて、体感ゲームとしてはとてもよくできていたと思いますね。

機体管理が大変?

 このゲームを客観的に見ていて面白かったのが、初めてプレイする人ほど、左右のアームをいきなりフルマックスのスピードでガチャガチャやるんですよ(笑)。

そんな激しくやったら、筐体壊れるっての…

と思うくらいです。

 そして短時間でゼーハーいっているという(苦笑)。こんな有様を、何度も見てきました。でもたしかにやりたくなるんですよね、アレ。

 でも今から思うと、こんな無茶をするプレイヤーが多すぎて、故障が頻発したのかもしれないですね。だからゲーセンの経営者には

手間のかかるゲーム機だな

なんて敬遠され、結果フロアから消えていってしまったのかもしれませんね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました