今週のキン肉マン第355話-天を衝く8人!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

 超神たちが待ち受ける“バベルの塔”に挑むことができるのは8人のみ。正義、悪魔、完璧の各派閥から因縁ある者たちが立候補。

 まだ参戦表明していないキン肉マンだったが、フェニックスに想いを託され…⁉

【注意】
この記事には
作品の感想が記載されています。
場合によっては
意としないネタバレとなりうるため、
読み進める場合には
十分ご注意ください。
また、著作権保護の見地から
この記事をご覧いただく前に
①Webサービス版
②紙媒体の購入
等でオリジナルの作品を読み終えてから
以下の記事を読み進めることを
お勧めいたします。

好感度爆上がりのフェニックス

 フェニックスから熱い言葉で後を託されるスグル。

お前なら役目を託すことができる…お前は…それに値する男だ!

今まで命を賭けて闘い、瀕死状態の男にここまで言われちゃあね…NOとは言えないよなあ。

 しかも先に志願をした6人の、スグルを期待する顔(笑)。正義も悪魔も完璧も、みんなどんだけスグルを求めてるんだよ、って感じですね(苦笑)。属性関係なしに、みんなスグルが好きなんだなあ。

 こうなると、もう逃げ場はないですよね。

こうなりゃ行ってやるさ! バベルの塔でもドルアーガの塔でも!

こういう結末ですよ。“ドルアーガの塔”という単語が出てくるあたり、この話は80年代後半の話なんだよな、ということを再確認させてくれますね(笑)。

 そしてここでスグルとフェニックスとの、しびれるような会話が交わされます。

本来私がやるべき仕事を任せてしまった。恩返しとしては、この志願じゃ足りないくらいだわい!

と、スグルが粋なお礼をすれば、フェニックスは

役に立てたかどうかは怪しいが…お前からそう言ってもらえると救われる…

という、恐ろしいほどらしくない謙虚な返し。

 いや~素晴らしいじゃないですか。スグルの人情味あふれるセリフも特筆ものですが、フェニックスの反応が好感度爆上がりですよ(笑)。

 どうしたフェニックス? あの自信過剰で、プライドが高く、姑息で卑劣だったヤツが、こんな殊勝なセリフを…お前、ホントに改心したんだなあと、過去の彼を知る私たちからしたら、涙がちょちょぎれるくらいですよ(笑)。

意外と早かった8人目の登場

 そして話はラストワン、最後の8人目の話へ。最後の8人目は、英国紳士超人で決まりなのですが、彼がどのように再登場するのかが注目点でした。

 個人的には、とりあえず彼は遅参して、ウォーズマンのピンチを救う形で派手に登場…と予想していたのですが、意外とあっさりと登場しましたね(苦笑)。

 流れ的にも、ウォーズマンがしっかりと“マンモスマンの命とカピラリアの欠片ピースとの融合物”の行方を見ており、彼の名を口にすることなく推薦するという、スムーズな展開です。

 この英国紳士超人の名前を出さずに満場一致する演出、悪くないですね。英国紳士超人が、並みいる強豪の中でも、その実力と人格を完全に認められているという、誇らしい演出となっています。この“異議なし!”という即答は、彼にとって最大級の評価ですよね。

 そして決戦の地“バベルの塔”への道筋を作るのは、元神である超神対策本部長ザ・マン。キン肉マンファンならば、細かくは突っ込んではいけない、魔術がかったワープ道を作ります(笑)。

 そこをくぐって着いた先は…イラク南部某所。バベルの塔が古代ペルシアの建造物という神話から、このあたりにたどり着くわけですね。

 そこに集結した7人が残りの1本の道に注目すると…見たことのあるシルエットが現れ、徐々に近づいてきたその男は…ロビンマスク!! わかっていたけど(笑)! でも数年ぶりの復活で興奮するなあ。

その潜伏期間は

 いったいどのくらい彼が潜伏していたのかと調べたら…2013年7月以来のご登場ですよ。もう8年も経っているんですね。今年6年生の息子くんが、幼稚園の頃から潜伏していたことになります(苦笑)。思ったよりも長かったなあ。

 まあウォーズマンのポーラマン戦も、同じく8年前なんですけどね。そりゃ

温存扱いでロクに闘っちゃいない。そろそろ出撃させてもらう!

というクレームもでますわな(苦笑)。

 そしてロビンマスクのいで立ちなのですが、アメリカ遠征編でやさぐれたときに似た、ボロフードを身にまとっての登場です。この表現、何か意味があるのかな?

 とりあえず久しぶりの彼と、他の7人との会話に注目ですね。一番話してほしいのは、やっぱりウォーズマンかな…? もしネメシスも来ていたら、ネメシスとの会話も注目なんですけどね。

選ばれし8人の因縁の復習

 こんな感じで8人の選抜メンバーが確定したので、それぞれの因縁を一度復習しておきましょうか。それを知ることで、今後の会話やチームワークにおいて、それが粋なのか粋じゃないのか、判断できるようにしておきたいです。

キン肉マンとの因縁

シングルマッチ敗戦。弟子を使って復讐を試みる。その後はキン肉マンのために命を賭けて闘う。キン肉マンが王位に就いた姿が見たいと男気を発揮し、マリポーサを撃破。ゼブラチーム戦ではタッグ結成。フェニックスチーム戦では無双状態ファイトを見せる。

シングルマッチ敗戦。クリーンファイトの楽しさを知る。バッファローマンの左ロングホーンを折ることで、間接的に命を救う。自己犠牲精神でプラネットマンの心臓もろとも射抜かれる。王位争奪編ではキン肉マンチームに合流。ネメシス戦でセコンドにつく。

『キン肉バスター』を破りながらもシングルマッチ敗戦。闘いの清々しさを知る。『キン肉ドライバー』を習得させる時間稼ぎで悪魔将軍を足止めしてズタボロに。悪魔将軍にトドメをさすために実体となる自己犠牲を発揮。ロングホーンを左腕の骨の材料として提供。

“バスター合戦”を制しながらもシングルマッチ敗戦。タッグマッチでも敗戦。ヘルミッショネルズ戦ではほぼセコンドで助力。飛車角の迷宮で体を張ってキン肉マンを救う。サタンクロス戦では冠をコントローラーにセットして裏技発動を助けるも、大仏頭をカミングアウト。

タッグマッチ敗戦。数十年後に“サンちゃん”と呼ばれるようになる。

タッグマッチ敗戦。この世で完璧なものは“正義超人の友情”だと知らされる。『マッスル・スパーク』習得に向けて助言。フェニックスチーム戦でタッグ結成。ネメシス戦ではネメシス側セコンドに。

超人パワーを輸血されるが失敗。だってオラは人間だから。フェニックスチーム戦で助っ人参戦するも役に立たずに消滅。

 ジェロニモ以外は対戦済で、すべてなぎ倒しています。さすがは主人公。

ロビンマスクとの因縁

シングルマッチ勝利。正義超人リーダーとして頼りにする。マリポーサを撃破してもらう。ゼブラチーム戦でタッグ結成。フェニックスチーム戦ではマンモスマンを破ってもらう。「あいつはいつもカッコいい」と大絶賛。

弟子。タッグ結成。新旧正義超人リーダー。頼りにしているし尊敬をしている。

同郷超人。オリンピック予選にて相手にならないと直感し、試合放棄する。ライバル意識が強い。タッグマッチ勝利。『クロス・ボンバー』でマスクを剥いで晒し者にする。フェニックスチーム戦で6人タッグ結成。

超人パワーを輸血されるが失敗。だってオラは人間だから。

 悪魔超人とのエピソードが少ないです。

ウォーズマンとの因縁

シングルマッチ勝利。プラネットマンの心臓もろとも顔面を射抜く。その際瀕死となった彼を助けるべく体内に入り、心臓を再起動させる。ネメシス戦にてセコンドについてもらう。

師匠。タッグ結成。新旧正義超人リーダー。自身のすべての技術と戦術を伝授する。

シングルマッチに勝利するも、左のロングホーンをへし折られる。キン肉マン VS テリーマン実現のため、彼と共にテリーマンのスパーリング相手となる。

キン肉マン戦直前に突っかかってきた彼を『阿修羅バスター』の体勢に捉え、破壊寸前までいく。

タッグマッチ勝利。『クロス・ボンバー』でマスクを剥いで晒し者にし殺害。竹藪でマンモスマン対策を助言。ネメシス戦ではセコンド対決。

超人パワーを輸血されるが失敗。だってオラは人間だから。

 意外とスグル並みにいろいろと因縁が多いです(笑)。

バッファローマンとの因縁

『キン肉バスター』を破られるもシングルマッチ勝利。『キン肉ドライバー』を習得する時間稼ぎで悪魔将軍を足止めしてもらう。悪魔将軍にトドメをさすために実体となってもらう。ロングホーンを提供してもらい左腕の骨として移植。

シングルマッチに敗戦するも、左のロングホーンをへし折り、結果キン肉マンを救う。キン肉マン VS テリーマン実現のため、彼と共にテリーマンのスパーリング相手となる。

悪魔超人軍団としては上司。一度粛清で首を切る。彼の両腕を自分の物にしようと試みるも失敗。テリーマン戦で邪魔をされ、勝利を失う。超人血盟軍としては同志。

悪魔超人軍団としては上司。一度粛清で首を切る。完璧超人始祖編では、共に悪魔将軍に最後まで付き添う。

タッグマッチ勝利。瀕死に追い込む。マグネットパワーで思念体をドロドロにする。

 意外とロビンマスクとの因縁が薄いです。

アシュラマンとの因縁

『キン肉バスター』を破られるもシングルマッチ勝利。タッグマッチでも勝利。ヘルミッショネルズ戦ではいろいろとアドバイスをもらう。飛車角の迷宮を抜けるのを助けてもらう。サタンクロス戦では裏技発動に協力してもらい、ディフェンドスーツをフル装備する。

キン肉マンの代わりに突っかかるも、軽く『阿修羅バスター』の体勢に捉えられ死亡紙一重。

悪魔超人軍団としては部下。一度粛清で首を切られる。両腕も奪われそうになる。テリーマンを再三助け、引き分けに誘う。超人血盟軍では同志。

悪魔騎士での両首領格。砂地獄はケタが違うと高評価される。タッグ結成。彼と融合して悪魔将軍の1/2まで形成できる。友情をカミングアウトして泣かせる。後半につれ部下扱いされる。直近に「仲間外れにされて悔しいのか、お前?」といじられる。

粛清と称し、『クロス・ボンバー』で阿修羅三面を狩り、晒し者にする。

タッグマッチ敗北。『改良阿修羅バスター』を食らい瀕死に追い込まれる。

 加害者であることが多いようです(笑)。

サンシャインとの因縁

タッグマッチで勝利。数十年後には“サンちゃん”と呼ぶようになる。

悪魔超人軍団としては部下。一度粛清で首を切られる。完璧超人始祖編では、共に悪魔将軍に最後まで付き添う。

悪魔騎士での両首領格。砂地獄はケタが違うと高評価する。タッグ結成。彼と融合して悪魔将軍の1/2まで形成できる。友情をカミングアウトされ泣いちゃう。後半につれ部下扱いする。直近に「オレが無視されてお前だけが悪魔超人代表で行くのは許しがたい!」と、対抗意識をむき出しにされるが、「仲間外れにされて悔しいのか、お前?」と性格の悪い返しをする。

粛清と称し、『ダブルレッグスープレックス』で惨殺。

人間として闘い、シングルマッチ勝利。超人となってタッグマッチ敗北。『呪いのローラー』で右腕を引きちぎられる。

 アシュラマンとの因縁が色濃過ぎて、正義超人とあまり会話がありません。

ネプチューンマンとの因縁

タッグマッチ勝利。『マッスル・スパーク』習得に向けて助言をもらう。フェニックスチーム戦でタッグ結成。ネメシス戦ではネメシス側につかれる。

同郷超人。オリンピック予選にて試合放棄され、プライドを傷つけられる。ライバル意識が高じて『ロビンスペシャル』を開発。タッグマッチ敗北。『クロス・ボンバー』にてマスクを剥がされ晒し者にされる。フェニックスチーム戦で6人タッグ結成。

タッグマッチ敗北。『クロス・ボンバー』でマスクを剥がされ、晒し者にされた上殺害される。竹藪でマンモスマン対策を助言される。ネメシス戦ではセコンド対決。

タッグマッチ敗北。瀕死に追い込まれる。マグネットパワーで思念体をドロドロにされる。

粛清と称し、『クロス・ボンバー』で阿修羅三面を狩られ、晒し者にされる。

粛清と称し、『ダブルレッグスープレックス』で惨殺される。

オメガマンに追われている彼が表に出ないよう気遣い、アタルの灰の助けを拒否する。

 アシュラマン以上に無法なことをしています。あの8人の中で、一番居づらい人かも(苦笑)。

ジェロニモとの因縁

超人パワーを輸血するも拒否反応を受ける。フェニックスチーム戦で助っ人参戦してもらうも、消滅の憂き目を味合わせてしまう。

超人パワーを輸血するも拒否反応を受ける。

超人パワーを輸血するも拒否反応を受ける。

タッグマッチ勝利。『改良阿修羅バスター』で瀕死に追い込む。

シングルマッチ敗北。人間に負けたという屈辱を刻まれ、プライドをズタズタにされる。タッグマッチでは『呪いのローラー』で右腕を引きちぎり勝利。

オメガマンになぶられている彼をアタルの灰で再三助けるも、最後は彼の優しさから拒否される。

 相対的にズタボロにされています(苦笑)。バッファローマンとの因縁が薄いです。

 こんな感じで見てみると、けっこうこの8人、しがらみがありますねぇ(笑)。

打倒・超神のために、過去のことは水に流して協力しよう!

と言っても、「できるかい、ボケッ!!」なんて言葉が飛び交いそうです(苦笑)。

その他気になった点

 その他気になった点は

  • フェニックスは消耗激しいな。ここでリタイヤの説得力がある。
  • でもビッグボディはまだ余力がありそう。これもまた体力モンスター感があってよい。
  • キン肉マンの立候補を期待するサンシャインの顔(笑)。本当は大好きなんだろうな(笑)。
  • ピースの運搬を「めんどい」とグチるスグルに対し、「手間をかける…」と、ここでも謙虚なフェニックス。マジでどうした(笑)?
  • 対超神戦でも斧を携帯するジェロニモ。
  • 8人が出陣したあとの、超神対策本部長の深淵な目が気になる。
  • スグルの「ああ、ずいぶんとな!!」は、読者の代弁。
  • ここで出てきたのがポーラマンだったら、違う意味で伝説になったな(苦笑)。
  • 今回のタイトルは『青天を衝け』からの影響かな?

 こんなところでしょうか。

著:ゆでたまご
¥460 (2021/08/03 17:48時点 | Amazon調べ)

コメント

  1. 柩幸 より:

    ロビンマスク登場の際に彼の名前を呼ぶメンバーにバッファローマンも入ってたのが嬉しかったです。
    陣営としては悪魔超人でも、心根はやはり、正義超人の仲間何だな……と。
    ザ・マンの目が……確かに何か気になります……。
    アタル、ラーメンマン、ネメシス、ゼブラ、マリポーサ、アリステラ、ブラックホール、ザ・ニンジャ……この辺り居残り組にも地上防衛戦とか有ったりしそうな気がしますね。

タイトルとURLをコピーしました