80年代

スポンサーリンク
オレ流ゲームレビュー

ファミコン版『蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン』の思い出。

ゲームにも導入された“自動化”  『信長の野望』『三國志』と、光栄シミュレーションゲームに順調にハマってきた私(笑)が次に手を出したのが、この『蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン』です。  このタイトルの特徴は、なんといってもあの...
オレ流ゲームレビュー

『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者』の思い出。

 アドベンチャーゲーム(ADV)のシステムは昔から好きでした。基本的に静止画像とにらめっこしながら、そこかしこを調べてヒントを獲得し、ストーリーを進めていくことになるのですが、ゆっくりじっくりと考えられるプレイスタイルがしっくりきたんです...
オレ流80's

FILE.20 ねるとん紅鯨団

80年代に登場した、公開集団お見合いバラエティ  1980年代後半はバブル経済真っ盛りで、テレビが一番元気なときでした。そんな浮かれた世相を反映させたようなコンテンツのひとつが、『ねるとん紅鯨団べにくじらだん』であったように思います...
スポンサーリンク
オレ流ゲームレビュー

ファミコン版『グラディウスII』の思い出。

 シューティングゲームはまったく得意ではないので、基本購入しないんですよ。ですがこのタイトルは買ってしまいました。  というのも、ファミコン情報誌に掲載されている記事を見る限り、ファミコンの限界を超えているのがありありとわかったので...
オレ流ゲームレビュー

ファミコン『三國志』の思い出。

 ナムコ版三国志のレビューで書いたように、光栄の三國志はリリースが遅れたこともあいまって、その発売を心待ちにしていたタイトルです。  当時は吉川英治の『三国志』から始まり、横山光輝の『三国志』、そしてナムコの『三国志 中原の覇者』と...
オレ流80's

FILE.19 まいっちんぐマチコ先生

80年代の食卓に登場した、仰天Hアニメ 『まいっちんぐマチコ先生』とは ♪い・つ・も・バあ~ラあ~色お~に燃おえてえ~ ♪この胸え~ときめくうう~ ♪つ・ぼ・み・かあらは~なへえ~ ♪私はマチィコおおお~ イエイイエイ! ...
オレ流ゲームレビュー

ファミコン『飛龍の拳II ドラゴンの翼』の思い出。

 前作である『飛龍の拳』は、友人から借りてめちゃくちゃにハマったタイトルでした。のちに『ストリートファイターⅡ』で花開く、対戦型格闘ジャンル黎明期のゲームで、1対1のいわゆるタイマン勝負を中心としたゲームでした。相手はコンピューターのみで...
オレ流ゲームレビュー

ファミコン『三国志 中原の覇者』の思い出。

 当時歴史や武将に興味を持っていた私は、日本史だけではなく三国志にも手を出していました。『信長の野望』でSLGの面白さを知った私は、次に光栄からリリースされる『三國志』を心待ちにするようになっていました。  ところがこれがなかなか発...
オレ流ゲームレビュー

ファミコン『真田十勇士』の思い出。

 このソフトが発売された当時は、戦国時代や武将に興味が湧いていた時期でして、海音寺潮五郎とか司馬遼太郎とかを読んだりしていたんですよ。  そんな少年が必ずや辿り着くであろう武将が真田幸村でして、大敵に孤軍で挑んでいくという痛快さやカ...
オレ流ゲームレビュー

ファミコン『信長の野望・全国版』の思い出。

 私が生まれて初めてプレイしたシミュレーションゲーム(SLG)です。それまでそのジャンルに対しては「あんな数字が羅列しているようなゲームをして、何が面白いのかな?」という印象があり、あまり食指を動かされませんでした。  ただ友人が「...
タイトルとURLをコピーしました