今週のキン肉マン第334話-無残!寄生虫の駆除!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

【注意】
この記事には
作品の感想が記載されています。
場合によっては
意としないネタバレとなりうるため、
読み進める場合には
十分ご注意ください。
また、著作権保護の見地から
この記事をご覧いただく前に
①Webサービス版
②紙媒体の購入
等でオリジナルの作品を読み終えてから
以下の記事を読み進めることを
お勧めいたします。

 サタンクロスのアイデンティティでもある寄生虫・サタンクロスでしたが、まるでいいところなく攻撃を食らって消滅。あっけないです。王位争奪編ではサムソンとそれなりに会話を交わすほどの存在感があったのに、久々の登場である今回はほとんど口を開かずに撃沈と、厳しい結果となりました。

 あのニヒルな冷血漢が、久々の大役でどんなスパイスになるのか、少し楽しみにしていたんですけどね(苦笑)。ちょっと残念です。しかもその散り様をザ・ナチュラルからは“駆除”と表現され、まさに死人に鞭打ち状態です。

 まあ…たしかに正しい表現なんですけどね、駆除。寄生虫だからね(苦笑)。サムソンも同じこと言ってますし。ただあまり言われたくない表現ですね。完璧超人の上から目線発言と同等の嫌悪感を感じます。

 寄生虫サタンクロスはザ・ナチュラルの装甲であるフェイスシールドにつかまれ、脱出できずに『ナチュラルボーンクラッシュ』を食らって絶命しました。やはりこのフェイスシールドはなかなかのクセものです。それだけにザ・ナチュラルの個性として、これからもいろいろとバリエーションが増えそうです。

 逆にサタンクロスの方は二人攻撃という個性がなくなりました。それは“ケンタウルス殺法”と言われるツープラトン攻撃が、これ以上発動しないことを意味しています。う~ん、『トライアングル・ドリーマー』以外のナンバーも見てみたかったんですけどね。残念。

 このように、攻撃力が半減するというピンチを迎えたサムソンですが、ある意味開き直りました。腹の穴を塞ぎ、腕を2本生やします。腹の穴…意外と簡単に塞がるのね(苦笑)。あとしれっと腕を2本増やしているのにはびっくりしました。元々は阿修羅一族で4本腕だったからかな? となると、寄生虫サタンクロスと合体しているときは封印していたことになりますね。あった方が有利なのにな。中井画伯の作業量に対する忖度かな(笑)?

 そんなサムソンは、仕切り直しで動きが良くなります。流れるような攻防のあと、フェイバリットである『魔界稲網落とし』の体勢へ。王位争奪編のアシュラマン戦がフラッシュバックしてきますね。

 もちろんこれがクリーンヒットするとは思っていなかったのですが、例の装甲で落下を防がれて、ザ・ナチュラルはノーダメージというのは痛いですね。やはりクセものアイテムです。

 そんなサムソンの危機の最中、駆けつけたのが…アシュラマン! 思ったよりも早い登場でした。前回サムソンが敗北した場合、その仇を弟子のアシュラマンに取らせるという展開もあるのかもしれないと書きましたが、なんかその通りになるにおいがプンプンしてきました。

 ここで弟子が現れるって、どう考えても目の前で師匠が敗北し、弟子が敵討ちの宣言をするってパターンですよね(苦笑)。となると、サムソン敗北かなあ。

 そんなちょっと雲行きが怪しくなってきたサムソンティーチャーについて、より詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ。

 その他気になった点は

  • 寄生虫サタンクロスの顔面についた傷は痛そうだ…。
  • この時期に“フェイスシールド”という表現は、ある意味タイムリー。
  • ザ・ナチュラルの肉体攻撃は、相変わらずの両手ハンマーのみ。
  • 目に見えて息が上がっているサムソンが気になる。
  • アシュラマンの傷は完全に癒えたようですね。
  • 何気にアタル、ブロッケンJr.、アシュラマンと、血盟軍が3人も集っている。
  • アタルとアシュラマンの会話はあるかな?

 こんなところですかね~。あと最新刊73巻が発売中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました