週刊少年ジャンプ論 第四章 第七節-2

オレ流週刊少年ジャンプ論
スポンサーリンク

注)この論文は1994年のものです。

第七節 友情・努力・勝利 ~3大テーマを取り込むパターンの分析~

図28 格闘マンガストーリー進行パターン図

▲独自に作成

 図28は、『ジャンプ』格闘マンガに多く見られるストーリー進行パターン図を表したものである。図29では、これを使って3大テーマを取り入れた「パターン」を解説していこうと思う(図の丸数字と文章の丸数字が対応しています)。

図29-1 ある強敵(ライバル)との戦闘

 主人公はまず誰かと闘いをする。それは侵略者でも、技量を競うライバルでも構わない。ここでは「勝利」がテーマとなる。

図29-2 友情の芽生え

 力の限り闘った両者は、お互いを認め合い、友情が芽生えることがある。当然ここでは「友情」がテーマになる。

図29-3 新たな強敵の出現

 ①の戦闘が終わると、さらに強い敵が登場する。主人公よりもはるかに強そうな表現で登場することが多い。

図29-4 新たな敵を倒すために共闘、友情の芽生え

 ③の敵を倒すため、主人公の①の敵(ライバル)が共闘をする。この時点で主人公と、①のキャラクターに大きな友情が芽生えていることもあるし(②)、お互い反目しあいながらも目的を同じくし、共闘をすることで奇妙な友情が芽生えることもある。

 読者心理的には、①で闘ったあの強い敵が味方になるということで、その夢の合体にわくわくする。ここでのテーマは「友情」である。

 また、新たな敵を倒すための特訓、つまり「努力」をテーマにすることも同時に可能である。

図29-5 仲間の敗北、死

 新たな敵との闘いで、味方になった①のキャラクターや、主人公の身内が倒されることは多い。これは“あの強かった①のキャラクターが負けるとは”という現実を突きつけることで、新しい敵③の強さをより強烈に読者に印象づけるわけである。

図29-6 ある強敵(ライバル)との戦闘

 ①のキャラクターや身内が倒されたり死亡したりすると、主人公の怒りは頂点に達し、物語はクライマックスを迎える。

 この「怒り」という表現は非常にポピュラーであり、主人公の限界能力の発揮や、飛躍的な戦闘力の上昇をもたらすポイントとなる。そして主人公はなんとか③の新たな強敵に勝利する。テーマは当然「勝利」である。

図29-7 ある強敵(ライバル)との戦闘

 場合によっては③の敵とも友情が芽生え、味方にしてしまうこともある。

 この場合、③の敵は①の敵の場合と同等の扱いになり、物語は②からまたループしていく。この方式だと、主人公はどんどん強い敵を味方にし、その勢力を大きくしていくことになる。

 以上が基本的な格闘マンガの「パターン」である。多少の違いはあるが、ほぼこれに沿っているといえよう。

 図30、31は『ドラゴンボール』と『北斗の拳』にこのパターンを当てはめたものである。闘いを中心に、「友情」「努力」をうまく取り込んでいることがわかるだろう。

図30 ドラゴンボールの例

図31 北斗の拳の例

コメント

タイトルとURLをコピーしました