オレ流週刊少年ジャンプ論

私が大学のときに書いた卒業論文です。マスコミ系の学科に属していたので、こんな論文でもOKだったのでしょう。

1994年に書いたものなので、資料としては古くさいことこの上ないのですが、それは勘弁してください。

全体的に「ジャンプ or マンガ擁護論」に偏っているふしがあり、おかしいところも多々ありますが、よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 あとがき

注)このあとがきは2005年のものです。 Web版公開を終えて  みなさん、いかがでしたでしょうか? 長文にもかかわらず、ここまで読んでいただいた方、本当にありがとうございました。  タイトルでも書いたのですが、これは私...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 終章

注)この論文は1994年のものです。 終章  『キン肉マン』がおもしろいと思った。それまで少年マンガ誌というものは、暴力的であったり、流血があったり、言葉遣いが乱暴であったりというイメージから敬遠しがちであったが、友人の家で『...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第五章 第三節

注)この論文は1994年のものです。 第三節 海を渡るドラゴンボール ~そして海外へ~  1991年(平成3年)春、日本の出版社のもとに、韓国からの出版社の来訪が相次いだ。「人気マンガの版権が欲しい」。用件は皆同じである。 ...
スポンサーリンク
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第五章 第二節

注)この論文は1994年のものです。 第二節 読者還元へ ~読者参加企画・イベント~  1993年(平成5年)7月28日、東京ドームプリズムホールにおいて、19日間にわたって『週刊少年ジャンプ創刊25周年特別企画ジャンプマルチ...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第五章 第一節

注)この論文は1994年のものです。 第五章 広がるジャンプワールド 第一節 『ジャンプ』を取り巻くメディア  『ジャンプ』はそのマンガを、様々なメディアへ商品供給している。『ジャンプ』の部数が増えるとともに、『ジャンプ...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第四章 第八節

注)この論文は1994年のものです。 第八節 マンガ以外の情報 ~付加的情報分析~  『ジャンプ』が創刊される上での基本コンセプトは「全部マンガ」ということであったが、時代とともにマンガ以外の付加的情報が伴うようになった。 ...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第四章 第七節-2

注)この論文は1994年のものです。 第七節 友情・努力・勝利 ~3大テーマを取り込むパターンの分析~ 図28 格闘マンガストーリー進行パターン図 ▲独自に作成  図28は、『ジャンプ』格闘マンガに多く見られるスト...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第四章 第七節-1

注)この論文は1994年のものです。 第七節 友情・努力・勝利 ~3大テーマを取り込むパターンの分析~  「友情・努力・勝利」は『ジャンプ』創刊以来、数多くのマンガに取り入れられてきたテーマであり、固い編集方針であった。 ...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第四章 第六節-2

注)この論文は1994年のものです。 第六節 流血・殴る・チラリズム ~暴力・性表現分析~ ②性表現  1990年(平成2年)8月、和歌山県の地方紙『紀州新報』に「少年少女マンガ~ドギツイ性描写に批判」という投書が掲載さ...
オレ流週刊少年ジャンプ論

週刊少年ジャンプ論 第四章 第六節-1

注)この論文は1994年のものです。 第六節 流血・殴る・チラリズム ~暴力・性表現分析~  戦後マンガは発祥以来、その「低俗さ」「荒唐無稽さ」、刺激的な「暴力シーン」「性表現」をヤリ玉にあげられ、常に弾圧の対象になってきた。...
タイトルとURLをコピーしました