今週のキン肉マン第214話-発令!”惨殺”命令!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

 素敵すぎる(笑)助っ人正義超人たち。オメガマン・アリステラに「ザコども」呼ばわりされた正義超人軍ですが、心意気に免じて1対1の対抗戦の流れとなりました。ただしアリステラからは「惨殺の刑に処す」というおっかないオプション付です(苦笑)。

 これは5人が5人ともひどい負けっぷりを披露することになるんでしょうか。へっぽこ正義超人軍団の保護者である我々(笑)としては、彼らの行く末が心配でなりません。でも直前で殺された若き超人たちがすでにこれ以上ないくらいの惨殺をされているので(笑)、あれよりひどいやられ方はさすがにないだろう、なんて思ったりもしています。

 それ以前に彼ら5名は過去にそれなりの惨殺の憂き目にあっているので、耐性があるんじゃないかと(笑)。ウルフマンはバラバラにされているし、ティーパックマンは首をもがれている。しかも中の紅茶までウォーズマンに飲まれている(笑)。さらにタザハマさんには残りを長時間かけて飲まれている。カナとカレクックは悪魔騎士編で生命維持装置が破壊されてひからびてるし。そんな感じでね、「オレたちはそんな惨殺じゃあ物足りないぜ!」なんて食ってかかったら素敵だなあと(笑)。

 そして都合よく設置されていた5つのリングにオメガ軍団は降り立ち、正義超人軍団を待ちます。正義超人軍団は「最初に止めた相手と勝負!」ということで、それぞれのリングに散っていきました。そして5つの対戦カードが成立。その流れでオメガ軍団の超人それぞれが名前を名乗るという展開になりました。カードを列記すると

①ティーパックマンVSヘイルマン(笑い声:キカキカ)
②カレクックVSマリキータマン(笑い声:ヒュヒュヒュ、フィフィフィ)
③ベンキマンVSギアマスター(笑い声:ギュイギュイ)
④カナディアンマンVSパイレートマン(笑い声:ムマムマムマ)
⑤ウルフマンVSルナイト(笑い声:ガウガウ)

となります。新鮮なカードが並びますね(笑)。そんな中、カナディアンマンが悲愴ともいえる決意を口にしています。「見てろよ、スペシャルマン! オレはここで必ず勝って、ひと旗カナダ国旗を揚げてみせるーっ」といったものです。ここでスペシャルマンの名前が出てくるのが泣けてきますよね。ビッグボンバーズの絆って深いんですね。

 一気に5つの試合が始まった直後、サグラダ・ファミリアの地にあるモニターが突然映像を流します。そこには買い物スタイルで新宿にいるスグルの姿が。なぜスグルが? という謎かけで次回に続く、です。

 始まりましたね~対抗戦。アリステラの「惨殺」命令が厳しいですが、意外と正義超人やってくれるんじゃないかと思えてきました。

 そう思った要因は、アリステラ達が彼らを舐めきった発言をしているところです。「ザコ」「ゴミ」といった暴言ですね。これって正義超人が勝ったときのカタルシスを狙った前フリじゃないのかなあ? なんかベンキマンとウルフマンは勝てるんじゃないかと思い始めてきました。特にルナイトは今回から妙にザコ臭が漂い始めているんで(笑)。2勝3敗なら一応新参超人軍の勝ち越しになるし。へっぽこ超人の意地も示せる。

 アリステラの野望は地球の支配者になることのようで。それを邪魔する連中は皆殺しというマニフェストです。う~ん、浅い! 野望が浅い! イコール彼らはザコだ。オープニングの先遣隊だ・・・と感じています。

 そして最後のスグル。彼が今なぜに登場したのか。格好を見る限り、新宿で買出しをしていたような感じですね。リュックや手提げ袋から色んなものが飛び出してる(笑)。買い物に夢中になっていて叙勲式をすっぽかした、てな感じですかね? ただ戦闘地区と距離的に離れているのですぐには合流できそうにありませんが・・・。

 その他気になった点は

  • ヘイルマンが奇面組の出瀬潔に見えてならない(笑)。
  • 高みの見物のアリステラ。一人でお宝ゲットしに行け。
  • ルナイトがライオン系からずいぶんと変わって狼系になった。黒目も出てきた。
  • 啖呵を切ったティーパックマンのポーズ、カッコいい! 似合わないけど(苦笑)。
  • ベンキマンがクレバーに見える。頭にウンチ載ってるのに(笑)。
  • ルナイトに格負けしてないぞ、ウルフマン!
  • なぜ都合よくサグラダ・ファミリアにモニターが?

 こんなところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました