ストップ!!ひばりくん!/江口寿史/1983年(昭和58年)第38号

オレ流ジャンプアゲイン
スポンサーリンク

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1983年第38号ストップ!!ひばりくん!

解   説

お家芸ともいうべき休載→再開の『ストップ!!ひばりくん!』です。薬師丸ひろ子似の高円寺さゆりが、ひばりが実は男であることを探偵を使って突き止め、それをネタに惚れた耕作に迫るという展開でした。

薬師丸ひろ子、探偵とくれば、完全に角川映画『探偵物語』からのパロディーでしょう。その探偵が…なんと前作『ひのまる劇場』の主人公? 白智小五郎その人で、懐かしの出演。連載途中で主役の座を別のキャラ(寿司丸すしまる)に奪われた、悲劇のキャラです(笑)。

ちなみにこのシリーズ中、高円寺さゆりが同性愛の危険さを説くシーンがあるのですが、そのセリフが「AIDSは怖いものですよ」というもので、当時のエイズに対する知識レベルが伺われます。これも時代を感じさせますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました