第3回 ミスターカーメン

オレ流超人批評
スポンサーリンク
とっても不遇でマイナーな悪魔超人! まったく復活の気配がありません。
出身エジプト
超人強度130万パワー
必殺技ミイラパッケージ
噛みつき
「マキマキ!」というかけ声からの金縛り
主な戦績ブロッケンJr.
(ラーメンマン)●

イケメンぶりが万人受けしない不遇

 えー、彼のことは知らない人のほうが多いと思います。一応七人の悪魔超人のひとりですが、ホント扱いが不遇なヤツだったなー。

 名前のとおり、彼はエジプトのツタンカーメンをモチーフにした超人だったんだけど、デザイン的にはカッコよかったと思うんだけどなー。いや、イケメンだったよ、実際。とくに口を覆う黒いマスクがお気に入り。

キャラデザが最後まで決まらない不遇

 ミスターカーメンは七人の悪魔超人のなかでも、一番最後に登場した超人でした。というか、ゆで先生が、最後の最後まで七人の登場キャラ絞れなかったんだな。

 七人の悪魔超人といっても、初登場からデザインが確定していたのはバッファローマン、ブラックホール、アトランティス、スプリンブマンの四人で、ほかの三人はまだ流動的でした。

 週ごとにデザインが変わるというか、ひどいときはページめくったら違う超人になっていました(苦笑)。このときはいいかげん「テキトーすぎるぞ、ゆでたまご!」と突っ込みをいれましたが、そのおかげで伝説のプリプリマンが出演できたわけだし、まあいいか。

活躍の場が少ない不遇

 ちょっと話がマニアックになってきたので、軌道修正。作者ゆでたまごのいい加減さの犠牲になったかんのあるカーメンですが、試合以外に目立ったところは、悪魔超人と正義超人の戦いの行方を、占星術で占ったところくらいです。いやー、出番少ない。

乱入者に倒される不遇

 試合の相手はブロッケンJr.です。当時の正義超人軍団では最弱でしょう。そのとおり、試合のほうはカーメンの圧倒的優位で進んでいました。

 彼の必殺技は『ミイラパッケージ』といって、シーツで相手をグルグル巻きにし、身動きができなくなったら、特大ストローを差し込んで、相手の水分をチュウチュウ吸ってミイラにしてしまうという、とんでもないものでした。

 一発目のミイラパッケージは、ブロッケンJr.にうまくよけられて、代わりにミイラになったのはレフェリーでした。レフェリーにも妻子がいたかもしれないと思うと、流れる涙を禁じえません。

 二回目のミイラパッケージは見事ブロッケンJr.にヒットし、カーメンの勝利が九分九厘確定したとおもったのですが、この不遇超人にはそうは問屋がおろしません。なぜかブロッケンJrを救いにきたラーメンマンに乱入され、やられちまいます。助けられたブロッケンJr.は、分けがわからないうちに、勝利者の名乗りをあげてしまいます。

死後も活躍シーンがない不遇

 死んだ悪魔超人は、その後も突然復活したり、亡霊超人としてセリフがあったり、超人墓場で浮いていたりと、たびたび登場機会があったのですが、カーメンにはとくにセリフはありませんでした。というか、超人墓場で浮いていたクチです。

 七人の悪魔超人の回想シーンでも目だってません。というか、ゆで先生に忘れられたかんすらあります。ここで、いかにカーメンが不遇であるかをわかってもらうために、他の六人の悪魔超人との比較をしてみましょう。

 バッファローマン
バッファローマン

説明するまでもない活躍ぶり

スプリングマン
スプリングマン

ウルフマンに圧勝。七人のうちの最後まで残る

ブラックホール
ブラックホール

しょっぱなから登場。セリフ多し。突然復活して、宇宙タッグトーナメントに参加

アトランティス
アトランティス

ロビンマスクから金星。キン肉マンとも対戦

 ザ・魔雲天
ザ・魔雲天

亡霊超人でアシュラマンの前掛けから登場。セリフが一番多かった

 ステカセキング
ステカセキング

こいつも不遇キャラだが、カーメンよりはまし

といったカンジです。ね? 可哀想でしょう?

復活の気配が微塵もない不遇

 彼に関しては、『キン肉マンⅡ世』でも、まったく復活する気配がありません。ゆで先生的にはどうでもいいキャラなんだろうなあ。あ~あ。カッコイイのになあ…。


コメント

タイトルとURLをコピーしました