1988年(昭和63年)第13号

オレ流ジャンプアゲイン-1988年
スポンサーリンク

解   説

絶好調で1000号突破をむかえた、記念号です。

「プ」の下にいる恐竜のキャラは、ジャンプ創刊20周年を記念して鳥山明がデザインしたものですね。この号で名前を募集していました。なんて名前になったかは忘れましたが…。

そしてなぜか13号に多い車田正美の読切、キグナスストーリー『氷の国のナターシャ』もあって、大ボリュームです。

広告1  不二家/メニコン

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号広告1

解   説

  1. 「ホワイトデー」という風習は、私が小学生のころからすでにありましたね。バレンタインといい、ホワイトデーといい、お菓子メーカーも必死だなあと思います。といいつつ、私は小学生のときにこのホワイトデーを利用して、好きだった子に告った経験があるのでなんともいえませんがね(笑)。
  2. 今でこそコンタクトレンズというのは、多くの人が当たり前のように使用していますが、この当時はまだまだ怖い印象がありました。高価でしたしね。レンズが眼球の裏に回ってとれなくなるとか、そんな噂もあったし。そんなアイテムが今や使い捨ての時代ですから、時代も変わったなあ。ちなみにモデルは根津甚八ですね。気取ってます。

ドラゴンボール

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号ドラゴンボール

解   説

ピッコロを撃破したあと、修行をするために神様の神殿に登った悟空です。強敵を倒した直後だからか、珍しく天狗になった悟空が見られます。

そんな自信満々の悟空を手玉にとるミスターポポを見て、「これだったらピッコロはミスターポポが倒せば楽勝だったんじゃ…」と思ったのは私だけですか?

ジャンプ英雄殿堂

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号ジャンプ英雄殿堂

解   説

1000号突破の特集記事です。こういう企画ってコミックスとかに載る機会がないので、意外と貴重ですよね。というわけで、ほぼ全ページ掲載してみました。細かい文字がちょっと見づらいかもしれませんが、そこは根性で(笑)。

始めのぺージは、1000号分のジャンプを上へ上へと積み重ねる企画です。高さ22メートル地点で、最後のジャンプを乗せているのは『こち亀』の秋本治ですね。この企画のために、最新消防車投入だそうです。スケールがでかいな。

「ジャンプ映像史」も興味深いですね。『こち亀』が実写映画化されてたのはご存知でしたでしょうか? 両さん役はなんとせんだみつおですよ! ナハナハ。

「ジャンプ英雄殿堂」ではジャンプ史が、「大英雄読読三連石版」では、あの江田島平八が熱く友情・努力・勝利を語ってくれます。

ジャンプ戦士たちよ!精進せいっ!!

氷の国のナターシャ

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号氷の国のナターシャ

解   説

『聖闘士星矢』外伝の『氷の国のナターシャ』です。

実は31ページの読切作品なんですけど、ここで抜粋したページだけで、だいたい話の全容を理解できてしまうという、恐ろしく中身の薄い作品です(笑)。

しかしいつも思うんですが、車田正美ってザコキャラと主要キャラの顔の差が激しいですよね。ザコキャラはホント、どうでもいい顔してるもんなあ。わかりやすいといえばわかりやすいけど。

ゴッドサイダー

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号ゴッドサイダー

解   説

前号に引き続き、2連続掲載の『ゴッドサイダー』です。

しつこいですか? でも私が好きだからしょうがないでしょう。特にこの『大神魔王パズス編』は大好きなんですってば! このあと魔王サタンが甦って、三つ巴の戦いになって、大興奮なんですってば!

しかしこの青のインク、見づらいことこの上ないですな。

ゴッドサイダー
巻来 功士 (著)

目次

解   説

『魁!!男塾』がアニメ化されたのがこの頃なんですね。あ、『燃えるお兄さん』もアニメ化みたいです。よくみるとアニメ化されたマンガ、多いなあ。

広告2 岩下レーシング/ プチどんぶり

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1988年第13号広告2

解   説

  1. 浅香唯が大プッシュされてますね。『スケバン刑事』も流行りましたからねえ。でもやはり浅香唯といえば『C-Girl』ですね。「♪シーシーシー」って。え? 知らない? 『あぶない刑事』もこの頃が大ブレイク! 柴田恭兵全盛期ですね。奇しくも上段が刑事つながりで埋まっちゃってます。
  2. モデルの女の子が誰なのか、さっぱりわかりません。アイドル路線で売り出したユニットなのか、ただのモデルさんなのか。背景の文字がヒントかと思って読んでみたら、ただ「グルメ」と書いてあるだけでした(笑)。

コメント

  1. REVOY より:

    (多分、アキラさんは最近ニンテンドークラシックミニで『ファミコンジャンプ 英雄列伝』プレイして覚えていますが)恐竜のキャラの名前はキャプテンギャオでした。

    • アキラ より:

      REVOYさん、こんにちは。
      お恥ずかしいことに、ファミコンジャンプをプレイしていながらサッパリと覚えてませんでした‥(苦笑)。

タイトルとURLをコピーしました