KANA/桂正和/1986年(昭和61年)第48号

オレ流ジャンプアゲイン
スポンサーリンク

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1986年第48号KANA

解   説

『ウイングマン』や『超機動隊ヴァンダー』など、ヒーローマンガ路線を描いてきた桂正和先生ですが、この号ではラブコメに挑戦しています。

このあたりから『電影少女』への土台ができはじめていたのではないでしょうか。

絵柄もだんだんとリアル路線へ移り変わる、変更過渡期といったかんじでしょうか。『電影少女』の頃はエロマンガのようでもありましたが…。

なんにせよ、表紙のキャッチコピーの「きみは愛をおしえにきてくれた妖精フェアリー…」というのがこっぱずかしいですね。

編集の方とかが考えるんだろうけど、大変だろうなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました