プレイヤーが絶妙にクリアできるゲームって作れないだろうか。

オレ流雑感
スポンサーリンク

 皆さん、ゲームは好きでしょうか? 私は基本好きです。2000年代以降はレトロゲームにしか興味ありませんが(苦笑)。

 ではゲームが好きな人って、なんで好きなんですかね? ある架空のミッションを達成する喜びでしょうか。

 もしくはその過程で起こる痛快なイベント、感動的な物語、ドキドキ、ハラハラという感情の揺さぶりでしょうか。いろいろあると思いますが、何かしらの満足感を得られるからこそ、やってしまうわけです。

 しかしながらゲームが我々に与えるものは、満足感だけではありません。場合によっては不快感を与えることも多いのです。

 一番顕著な例で言えば、与えられたミッションに対して“うまくできない”という技術的問題や、“思うようにいかない”という現象です。要は“クリアできない”という不満足感です。

 これがあるのはゲームだから当たり前です。シューティングゲームやアクションゲームならば、ゲームの難易度、プレイヤーの腕によっては、どうしてもクリアできない面が生じてきます。

 ただその時思うのは、“楽しさを求めて時間を費やしたのに、何故に不快感を残してその時間を終了せねばならないのか”という、ある種の矛盾です。

 楽しさや満足感を求めた時間なのだから、確実にそれを達成して終わらせたいじゃないですか。イライラしてコントローラーを投げつけて終わらせたくないんです(苦笑)。いや、実際はここ何十年、コントローラーは投げていませんが(笑)。

 特に時間の融通が利きづらい社会人ゲーマーにとっては、それは切実な願いです。捻出したスキマ時間で行うゲームでは、確実に成果が欲しいわけです。

 そういった意味では、任意セーブとロードでやり直しが手軽にできる昨今のゲームスタイルというのは、この要求をかなりの水準で満たしているといえます。私はいい部分をつなぎ合わせるという意味で、“編集プレイ”と呼んでいますが(笑)。

 動画の世界では“TAS動画”といわれるものが、成果を得る過程という点においては、これに当てはまるでしょうか。人力ではなくツールを使う、という点で違いますが。

 ちなみにある時点まで私が「TASさんて、超絶にゲームがうまい人なんだな」と誤解していたのはナイショですよ(笑)。

 ちょっと話がズレましたが、その“編集プレイ”というのは、私の望みをある程度叶えてくれているのですが、こまめなセーブがやや面倒くさいのと、なんといっても“実力でゲームクリアを達成した感がない”という最大の弱点を持ちます。

 ですので、ゲームメーカーはそれを解決したゲームを開発してくれないかな、と感じるわけです。それがタイトルの“プレイヤーが絶妙にクリアできるゲーム”なんです。

 具体的に何を望んでいるかというと、プレイヤーの腕に準じて、ゲームの方でリアルタイムにゲームバランスを制御してくれないかな、というものです。それによって“プレイヤーは自然な感じでゲームクリアができる”という制御システムとでもいいましょうか。

 例えばシューティングゲームやアクションゲームにおいては、CP側はプレイヤーの操作入力や初期のミス行動からそのプレイヤーの力量を判別し、その後のゲームの難易度をそれとなく変更するわけです。

 またその難易度変更は、単純にゲームバランスが優しく(難しく)なるわけではなく、プレイ中のミスによる危機感や焦燥感をきちんとプレイヤーに味合わせ、結果的にはギリギリのラインでクリアできる、というくらいの自然さで制御します。

 この制御をプレイヤーにバレることなく実装し、あくまでプレイヤーは危機回避とその突破を自力で行った感覚に陥るように、絶妙に演算(演出)するわけです。

 そうすることで、プレイヤーはミッションをクリアした達成感を、失敗することなく最大限に享受することができます。まさに時間を無駄にせずに、達成感から生じるドーパミンの分泌と、それによる満足感を得ることができるわけです。

 もちろん“そんなもん出来レースだろ”と思われる方もいるかもしれませんが、バレなきゃ出来レースではありません。

 言い方は悪いですが、しょせんゲームなのですから、気持ちよくだまされて、いい気分になれればよいわけです。

 技術的にはもうできるんじゃないかな、と思っています。このままAIが発達していけば、それこそ簡単にできるでしょう。

 オンラインでたくさんのプレイデータを収集し、AIに学習させれば、セグメントされた技術レベルにごとに、最適なゲームバランス調整が容易にできると思うんですけどね。

 じつは技術的な難しさよりも、そういった裏側をプレイヤーにバレずにやることの方が難しいかもしれません。

結局ゲームが手加減してくれてるんだろ?

とプレイヤーに達観されることになったら、ゲーム自体の存在意義が問われてしまいますからね。でもどこかのメーカーがやってみてくれないかなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AIに負けない子どもを育てる [ 新井 紀子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/5/28時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました