メタルK/巻来功士/1986年(昭和61年)第27号

オレ流ジャンプアゲイン
スポンサーリンク

※epubを閲覧した後は、最初のページまで戻ってから次のepubを開いてください。でないとエラーが出る場合があります。

1986年第27号メタルK

解   説

ホラーサイエンスアクション系といいますか、不気味なテイストを全面に押し出した作品を得意とする巻来功士先生のジャンプ2作目『メタルK』です。

完全に好き嫌いが分かれる絵柄ですね。嫌な人はすぐ飛ばすだろうな、的な(笑)。少年誌にしてはグロ指数が高いんですよね。

この作品はきれいな女性が主人公なんですけど、その正体は硫酸で皮膚コーティングしたロボットですからね。脳だけ人間当時のものを生かしているという。

感情の高ぶりでその皮膚がドロドロに溶け始めて、下の醜いロボットが見え隠れするという演出がトラウマになった人も多いんじゃないかな(苦笑)?

楽天Kobo電子書籍ストア
¥495 (2023/03/07 16:51時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コメント

  1. あまひよ より:

    アキラさん、こんにちは!
    巻来功士先生が本領を発揮したら10話で終わってしまった惜しい作品です。
    エログロのグロがキツイくて少年読者の性癖がこじれそうですね!
    巻来先生はゴッドサイダー連載時に、荒木飛呂彦先生がライバルだとおっしゃってました。
    どちらの作品も私は好きです✨

    • アキラ アキラ より:

      あまひよさん、こんにちは。

      いや、おっしゃる通り、この作品で性癖がねじ曲がった人もいるんじゃないかと思いますね(苦笑)。でも私は味があって好きですけどね。

      次作のゴッドサイダーがスマッシュヒットしてよかったです。

タイトルとURLをコピーしました