今週のキン肉マン第458話-“惨め”な男たちの抵抗!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

神と同等の1億パワーを有する時間超人“五大刻”。ファナティックは、歴然たるパワー差でネメシスを圧倒。防戦一方のネメシスは、鉄壁の防御術で守備を固めながら反撃の機会をうかがう——!!

【注意】
この記事には
キン肉マン週プレ最新話458の感想が記載されています。
場合によっては
意図しないネタバレとなりうるため、
読み進める場合には
十分ご注意ください。
また、著作権保護の見地から
この記事をご覧いただく前に
①Webサービス版
②紙媒体の購入
等でオリジナルの作品を読み終えてから
以下の記事を読み進めることを
お勧めいたします。

新解説者、爆誕?

 ファナティックの『スピア・ドレス』…もとい『スピア・クロス』を、フェイスガードを上げたパーフェクトディフェンダーで防ごうとするネメシス。

 しかしファナティックは

ファナティック
ファナティック

そんなもの通用しませんよーっ!

ファナティック
ファナティック

ご自慢のガードのようですが、まだセットアップは完全ではない

と叫び、鋭角ドロップキックの速射砲の勢いを緩めません。ネメシスは実際にそれを弾き返すことができず、攻撃を食らってしまいます。

 この有様を見て、私を含めた皆さんは

なんだよ、肉のカーテン(パーフェクトディフェンダー)は、鉄壁のガードじゃないのかよっ!

と、少し失望したと思うんですよ。

 しかしここでヘリで駆けつけたスカル・ボーズが、

ネメシスとやらも、冷静に動きを見極め、ガードの姿勢は作ろうとしている

少なくともあのスピードには対応できている

しかし形を崩される…パワーに対抗できていない!

と、なぜこのような状態になってしまうのかを丁寧に解説してくれました。要は

体はきちんと動いているが、超人強度の差でガードをこじ開けられている

ということなんですね。

 いや~ここでまさかのスカル解説を拝聴できるとは。まるでプロレス中継を見ているかのようです。そしてその役割を十二分に発揮している彼の姿は、妙にしっくりきますね。

 それはおそらく彼がベテラン超人であり、さまざまな経験をして現在の彼がある、という雰囲気を醸し出しているからこその説得力のような気がします。

 最近のプロレスの解説者もそうじゃないですか。大活躍をして一時代を築くも、ベテランになった後、表舞台を若手に譲って一歩引いた頃合いのレスラー。

 そんなレスラーが解説席に座っているんですよ。スカル・ボーズにはなにやらそれと同系統のニオイを感じるんですよね。となると、これを機に“解説者・スカル・ボーズ”爆誕となるのか?

▲いぶし銀解説のスカル・ボーズ

 いずれにせよ、このスカルのいぶし銀な登場と活躍に読者は

ス・カ・ル!

ス・カ・ル!!

の大スカルコールですよ(笑)!

結局すごいのはスグル?

 そしてネメシスはパーフェクトディフェンダーで完全な防御体勢をとることができず、フェイスガードは下がり、顔面を覆ったその両腕も下がっていきます。

 そんな中途半端な有様を見たファナティックは

ファナティック
ファナティック

どうです、惨めでしょう。

力が足りないというのは?

ファナティック
ファナティック

あなたたち完璧超人が下等超人の皆さんにやってきたのは、こういうことなんですよ?

ファナティック
ファナティック

少しは弱者たる下々の気持ちがおわかりになりましたか~っ!

と、蹴撃を続けます。

 …あれ? なんか少しだけ彼の言葉を聞いて、胸がスッとしている自分がいるぞ? こればかりはちょっとファナティックの言うことに賛成だなあ(苦笑)。

 いや~、当時完璧超人軍団の何に腹が立ったって、選民思想とあの上から目線の見下し言動ですよ。

 オレたちと一緒に悪と闘ってきたロビンが、ウォーズマンが、モンゴルマンが、テリーマンが…罵詈雑言を浴び、しかもKOされていくというストレスが溜まる展開…それに嫌悪感を抱いたんですね。

 そんな高飛車で思い上がった連中との立場を逆転させて、キリキリ舞いさせたあげく逆に撃破する…その下剋上的カタルシスこそが、彼らとの闘いにおける大きな快感だったわけです。

 ですのでこのファナティックの発言は、心理的には

よういうた!

の部類に入る発言なんですね。脳がそのように訓練されているから、どうしてもそう思っちゃう(苦笑)。

 でもですね~、不思議なもので、その爽快感のとなりには

ネメシスをバカにするな!

という、過去に正義超人が蔑まされたときに感じた不快感も存在していたんですよ。

 ぶっちゃけ『完璧超人始祖編』のネメシスって、相当いけ好かないヤツだったじゃないですか(苦笑)。高飛車で居丈高で偉そうで。まあ今もそうだけど(笑)。

▲あまり好かれる要素はないよね(苦笑)。

 だから当時は彼の鼻っ柱を誰かにヘシ折ってもらいたかったわけですよ。そしてそれが今まさにファナティックによって行われようとしているわけです。

 なのに…、なぜだか100%スッとはしないんです。ファナティックのセリフには肯定的なんですけど。じゃあなんでそんな気持ちになるかというと…もう彼・ネメシスは、私の中で仲間になっちゃってるんですよ。

 そして私に彼を仲間認定させたのが、スグルvsネメシスってことなんですよね。要はスグルが一番大事にしている

闘いとは、お互いが分かり合うために行うもの

という矜持の洗礼をネメシスが受けたからこそ、私は論理的には同意したいファナティックのセリフに、不快感という正反対の感情が混ざったわけです。

 そう考えると、いかにキン肉スグルの闘いというものが、対戦相手のみならず、脇で観ている人間にも大きな影響を与えるのかが分かろうというものです。

キャラが成長する瞬間

 とはいえです。このような上から目線の発言は、プライドが高く煽り耐性がないネメシス(笑)は、激高しちゃうだろうなあ…とも思いましたね。ファナティック、どんどん燃料を投下している感じですので(笑)。

 ところがここでネメシスは、意外な思考と行動をとるんです。ファナティックの挑発を受けた彼は、過去に対戦したロビンの

だからこそお前の見下す下等超人の素晴らしさを知ってもらいたい!

というセリフを思い出すんです。

 そして彼はファナティックの蔑みに激高するどころか

フフフ…お前が言いたかったのはこういうことか…ロビンマスクよ!

と、過去に投げかけられた問答に対して腹落ちをしたのか、妙に清々しい表情をするんですね。彼がこのピンチでロビンとの闘いを思い出すのは、本当に予想外でした。

 そしてこの瞬間、私は

あ…ネメシス、今まさに成長した

と感じました。年齢的には相当上である彼に対してそういう感想はおこがましいのかもしれませんが、そう感じたんです。

 そしてマンガという創作上のキャラクターといえども、成長した瞬間をこうも明確に実感できる場面に遭遇できるなんて、とても稀有な体験をしたなあと感じましたね。

腹落ちとロビン戦法

 このように、激高するどころか頭をクールダウンし、かつ謙虚な思考すら身についたネメシスは、その次のムーブでも仰天の行動をとります。

ロビン戦法№6、いなすときは柳のごとく

と、なんとロビン戦法を使っての『スピア・クロス』からの脱力回避を披露。

 そして反撃の瞬間を見つけるなり、ファナティックの体をロックし

ロビン戦法№7、ピンチの直後は最大のチャンスーッ!

と、またもやロビン戦法を利しての強烈な投げっぱなしジャーマン。ファナティックの脳天を、硬い石のリングに垂直に叩きつけます。

 いや~びっくりしたなあ、ネメシスのロビン戦法! ロビンのセリフに納得して精神的な成長をするだけでなく、格闘ムーブでもロビンの教えを取り入れるとは…こんなの胸熱すぎるでしょ!

 だって“下等超人”と蔑んでいた相手の戦法を、プライドの高いゴリゴリの選民思想の塊だった彼が取り入れたんですよ? よほどの腹落ちからの謙虚な思考が、彼をそう行動させたとしか考えられません。

 そしてこれはロビンにとってもひじょうに嬉しい、遅れてきた彼のアンサーだと思います。だってあのときのロビンは、必死にネメシスに訴えていましたから。下等超人の頑張りや、友情を介した闘いの素晴らしさを。

 その魂の訴えに対して、そのときは聞く耳すら持たずに、嫌悪感すら示した相手が

なるほど、こういうことだったのか。

ようやくオレにもわかったよ、ロビンマスク!

と素直に答え、しかもその極意の一部を体で示してくれたわけですからね。

 これを見た瞬間、私の脳裏には

センセーよぉ…オレ…やっとセンセーが言ってたことがわかった気がするよ

本当か!

本当にわかってくれたのか、ネメシス!!

ああ…あんときゃあうるせぇ先公だとしか思わなかったけど…全部オレのことを思ってくれた言葉だったんだな…

そうだ、ネメシス!

そうなんだよ(ぶわわっ)!!

といったような、“街一番のゴロツキ”だった不良生徒と、その生徒を決して見捨てずに何度も真正面から教え諭した教師との雪解けシーンが描かれてしまいましたよ(笑)。

▲♪人とぉ~してぇ~(笑)。

 しかし本当にゆで先生は、胸を熱くさせる演出が上手いです。まさかね~、この試合でネメシスのロビンリスペクトが表現されるとは…まったく想像に及びませんでした。

 今回のこの表現によって、あのサッカラのピラミッドリングで行われた二人の一戦が、より意義深い闘いに昇華したと思います。それこそスグルじゃないけど

闘いとは、お互いが分かり合うために行うもの

を、ロビンが実践したような形となりましたね。その“分かり合う”こそが、今回のネメシスの“腹落ち感”だったわけですから。もう見ているこちらも、思わずホクホク顔になってしまいましたよ(笑)。

ごめんあそばせ

 そして豪快に脳天を叩きつけられたファナティックは、

ファナティック
ファナティック

何度も何度も私の美しい顔や、優秀な頭を傷つけて…

と、額から流血しながら怒りの表情で起き上がります。ネメシスの一撃、かなり効いたようですね。

 また、それ以上に彼にとってはプライドを傷つけられた方が気に入らないらしく

ファナティック
ファナティック

本当にあなたは…悪い子ですねぇ~~~っ

と、怒りを押し殺したような口調で言葉を発すると、足首を支点としてヌーっと、まるでトイレの自動開閉蓋のようなムーブ(どういう例え…)で立ち上がります。

 この起き上がり方も…グリムリパーを思い出させます。バッファローマンの『超人十字架落とし』を食らってKOされた後、何事もなかったかのようにヌーっと起き上がってきましたからね。

▲イメージです(笑)。

 この些細な動き一つでも、やはり彼はサイコマンなのではないのか…と勘繰ってしまうわけですよ。まあ今後もさらなるサイコマンムーブが見られるかもしれませんので、注視しながら読み進めていきましょうか。

 怒りのファナティックは起き上がるや空中に飛びあがり、

ファナティック
ファナティック

お仕置きですーっ

と、延髄斬りでネメシスの後頭部を激しく蹴りつけます。“お仕置き”という表現がいかにも彼らしいのと、その前の“悪い子”という表現は、サバンナ出身超人の

悪い子だ! 悪い子だ!

という掛け声のチャランボ(膝蹴り)を思い出してしまいますね(笑)。

 そしてファナティックは前回も出した、錐揉み状の『フライング魚雷』である『ソンブレーロ・スパイラスショット』に移行。空高く飛び上がり、頭から落下を開始します。

 しかしそれに対してもネメシスは

そしてヤツはこうも言っていた。

獲物は逃がすなと

と、ロビン戦法№1を口にするやファナティックよりも高く飛び上がり、上空で見たことのある技に固めていきます。この技はまさか…!

くらえ、ネメシスドライバーッ!

出た~っ! ネメシス版『キン肉ドライバー』ともいえる『ネメシスドライバー』!

 この絶体絶命のピンチにファナティックが繰り出した抵抗は…ゲェェッ!

ファナティック
ファナティック

マグネット・パワーッ!

 マジか。もう使えるのか、マグネット・パワー。そりゃマグネット・パワーを利用して新たな時間超人を量産していくとは言っていたから、知識はすでに豊富なんでしょうけど…こんなにも早く戦闘でも利用するとは…。

 ファナティックは落下の途中で両手を下に向け、リングに向かって磁気の力を大放出。するとその磁力が弾性を伴うクッションのようになり、

ファナティック
ファナティック

この勝負…私の勝ちです~~っ!

と宣言するや、その反動で形が崩れるネメシスドライバー。

 そして体勢を崩したネメシスを振り払い、返す刀で

ファナティック
ファナティック

ごめんあそばせ!

と、下からのサマーソルトキックをネメシスの顎に食らわせて次回に続く、です。

マグネット・パワーは自白か?

 ごめんあそばせ…まるで品の良い主婦が口にするようなフレーズを、この闘いの場で聞くことになろうとは…(苦笑)。

 “ごめんあそばせ”は、“お許し”を意味する”ごめん(御免)”に、尊敬語で“~しなさってください”という意の“あそばせ”がついた言葉です。つまり“お許しください”という意味ですね。

 私は学がないので、こんなフレーズを実際に受け取ったら、何と返してよいのか皆目見当がつきません。ですので少し調べてみました。

【「ごめんあそばせ」と言われたときの例】
A:遅れてしまい、ごめんあそばせ。

B:どうぞ、お気になさらず。

もし、相手が冗談めかして使っているのであれば、その雰囲気に便乗してもいいのかもしれませんが、あくまでも2人の関係性の中でご判断ください。

kufuraサイト様より引用:https://kufura.jp/work/business-manner/79042

 なるほど、何もこちらも妙に品の良い言葉に変換する必要はないんですね。つまり次回ネメシスは

どうぞ、お気になさらず

と返せばいいんです…っていいわけあるかっ(笑)!

▲もはや『サザエさん』くらいでしか聞かないフレーズ。

 どう考えてもファナティックの“ごめんあそばせ”は、冗談を含めた発言です。いわばU字工事の益子さんの

ファナティック
ファナティック

ごめんねごめんね〜!

と同義なので(笑)、ここは相方の福田さんのように

目ぇ見て謝れ!

と返した方がいいのかもしれません…って、何の話をしてたんだっけ(笑)?

 ちょっと脱線がすぎるので話をマグネット・パワーに戻すと、これが

ファナティック=サイコマンの、決定的証拠!

となるかは、何ともいえないと個人的には思っています。

 もちろんあれだけ派手な共通項があったら、自白のような感じがしないでもないのですが、前述したように五大刻は

ファナティック
ファナティック

マグネット・パワーの豊富な産出こそが…新たな時間超人の生命の源となるのです!!

と、すでにその利用目的を表明しているので、この力については刻の神から事前に勉強させてもらっているわけです。

 そのため、そこから得た知識を応用し、そのうえで戦闘での武器にもした、というストーリーが成り立つんですよ。ですので、

彼の能力=前から持っていた彼の能力

という証明にはならないんですね。

 だったらグリムリパーと同じ“便器の蓋オープン立ち上がりムーブ(笑)”の方が、よっぽど本能的な共通項となり、同一人物証明の有効な情報のような気がします。

その他気になった点

 その他気になった点は

  • スカルは解説者としてレギュラーになってほしいな。渋い。
  • 今回も残念ながらイヤデス女史の出番はなし(泣)。
  • そんなん、イヤです、ハリスン(笑)!
  • フェイスガードの左右がズレる、珍しい光景を見せてくれるネメシス。
  • ファナティックの友情パワーっぽい発光現象は気になるなあ。
  • ロビン戦法№6の柳防御は、ミキサー大帝戦でミートくんが使った防御テクニックに似てる。
  • ミートくん、無意識にロビン戦法№6を使ってたんだなあ(笑)。
  • 最近の強敵は攻撃されてもノーダメージ表現が多いんだけど、ファナティックはしっかりとダメージを受けているなあ。
  • 『ネメシスドライバー』が初見で破られるの、ちょっと痛いな。
  • 処刑リングのマットには、反発する磁力で磁気帯びされてるの?
  • でないとマグネット・パワー、クッションにならんよね…?
  • マグネット・パワーを放出する直前のファナティックの顔は「どうしよっかな~、出しちゃおっかな~」という思考タイムのように見える。
  • ファナティックの「私の勝ちです」宣言は、本当に彼の“勝ちフラグ”なのか。
  • それは…こまる(苦笑)。

 こんなところでしょうかね。次回、ネメシスはきちんと“ごめんあそばせ”に言葉を返せるのか(笑)? そしてマグネット・パワーを利用した攻撃に対応できるのか。気になるところですね。

 でも…次週はプレボ合併号のためお休みですって。グ、グム~ッ。

 そして…超人批評は新作がアップされております! 今回は王位争奪編における、ナンバーワン不遇キャラとの呼び声も高い真キン肉マンソルジャーです。

 彼はなぜ不遇キャラなのか? そして彼とアタルが入れ替わったのはいつなのか? そのタイムスケジュールと手順とは? という様々な疑問に対して細かく考察しておりますので、ご興味ありましたらどうぞ↓。おかげさまで大好評です。

 先日発表された、『超人総選挙2024』の結果分析なども書いてみました。各キャラの順位をカテゴリー別に並べ直したりして、さまざまな相関性や気づきについて書いております。

ご興味わきましたらば、ぜひどうぞ。

 キン肉マン以外でも興味深いコンテンツを探している方はこちら↓なんていかがでしょうか。

 80年代に一世を風靡した素人参加型お見合いバラエティー『ねるとん紅鯨団』についての思い出を語ったコンテンツです。懐かしいな、と思った方、ぜひご覧くださいませ。

 そして…! 最新刊『キン肉マン85巻』、およびムック『キン肉マンジャンプVol.5』が、7月4日に同時発売されました!

 最新刊は五大刻が本格登場し、マリポ監督とパピヨンマンが激闘を繰り広げております。そしてムックは45周年とアニメ化放送記念号です。超人総選挙の発表をはじめとした、さまざまな企画がてんこ盛りのムックですよ。売り切れる前にぜひ!

 ではごめんあそばせ(笑)。

楽天ブックス
¥572 (2024/07/01 21:01時点 | 楽天市場調べ)

コメント

  1. ホルモン・ピビンパッ より:

    アキラさんこんばんは
    なんとなく予想はしていたんですが、マグパ使いの相手がハンズフリーになるネメシスドライバーはやっぱりグッバイされちゃいましたね…
    ただネメシスはシルバーマン戦を見ているので、ファナティックが今後出してくるであろうサンダーサーベルはデパ地下セール(デパ―ミング)で反撃ののろしを上げてほしいところです

    • stuyshr より:

      アキラさん、こんにちは!

      ファナティック 
      「どうです、惨めでしょう。力が足りないというのは?」
      「あなたたち完璧超人が下等超人の皆さんにやってきたのは、こういうことなんですよ?」
      「少しは弱者たる下々の気持ちがおわかりになりましたか~っ!」

      このセリフ、私も思わず「よう言うた!」という感情が沸き上がりました。
      何しろ完璧超人の皆さんは二言目には正義超人や悪魔超人を下等超人下等超人と見下して来ていましたからねぇ。
      でも…それをファナティックに言われるのは私も納得いきません(苦笑)
      例えが適当かどうか分かりませんが「お前(ら)が言うな!」みたいな感情が渦巻いていますw
      それはアキラさんが言われるように、ネメシス(というか完璧超人軍自体)が既に「仲間サイド」であるからというのもありますし、正義超人が圧倒的な力で悪事を働く完璧超人を粉砕するような状況で正義超人からそのセリフを聞きたい、というのもあります。
      ファナティックが言っても「お前も所詮悪行超人じゃねーか!」みたいな思いがあるんですよ(苦笑)

      それにしてもスカル・ボーズの解説、かつてのスグルのアメリカ修行時代の彼の暴れっぷりを覚えていると感慨深いものがあります。
      後にスグル対将軍戦で委員長たちと一緒にリングを支えていた事も加えて、試合では残虐ファイトを繰り出す彼らもやはり正義超人なんだなぁと嬉しくなります(^^)

      • アキラ アキラ より:

        stuyshrさん、こんにちは。

        なるほど、ファナの論理には賛成だけど、「おまいう」という不満点はあるわけですね(苦笑)。わからなくもないです。さらにネメシスが仲間認定されてるので、その反感も相まってファナに腹が立つんですね。

        スカル・ボーズはカッコよかったですね! あのままレギュラー解説の席に座り続けてもいいような気さえしてきましたよ(笑)。

    • アキラ アキラ より:

      ホルモンさん、こんにちは。
      あの…書き込みがルー大柴さんっぽくてちょっとニヤニヤしちゃいました(笑)。グッバイされちゃいましたねぇ(笑)。
      ネメシスがシルバーの戦略をきちんと使えるか否か…注目ですね!

  2. uzuki より:

    ロビンに理解を示しロビン戦法を駆使するネメシス
    ますますサイコマン疑惑の深まるファナティック
    「ごめんあそばせ」で決めるファナティック
    今回も展開が目まぐるしいですねえ
    さすがに「ごめんあそばせ」で決着がつくとは思いませんが
    大叔父が不利な状況には変わりないのが不安要素ですね

    スカルボーズも久々出たと思ったら見事な解説ムーブで
    今後とまでは言いませんが今シリーズではレギュラー解説者になってほしいですね

    • アキラ アキラ より:

      uzukiさん、こんにちは。

      ロビンはあの時、「キン肉マンに負ける前のちっぽけなプライドは捨てた」と己を振り返っているんですよね。ネメシスにはその言葉も効いているのかなあと。
      つまりプライドが自身の成長を阻害していることを訴えていたので、ネメシスもそこを謙虚にすれば、ワンチャンあるかも、とは思いますね。

  3. MK より:

    ファナティックの「ごめんあそばせ」もなかなかインパクトがありますね、名言集の一つになりそうです。
    ネメシスもキン肉マンだけでなくロビンマスクとの戦いでも大きなことを学んでいたのですね。不利な状況には変わりありませんが、まだ健闘あると思います。
    ただ現在ヒールが入ったニューロビンとネメシスがもし会うことがあればどんな反応があるか、も興味がありますね。

    • アキラ アキラ より:

      MKさん、こんにちは。

      「ごめんあそばせ」には笑っちゃいましたね(笑)。人を食う態度が得意なファナらしい名言だと思いました。
      ロビンとの闘いは、大きな学びになったようですね。あれで彼はリスペクトを学んだのかもしれません。そしておっしゃる通り、成長したネメシスとロビンの邂逅、興味深いです。

  4. たけF より:

    「最近の強敵は攻撃されてもノーダメージ表現が多いんだけど、ファナティックはしっかりとダメージを受けているなあ」
    →サイコマンはプロレスが上手かったからなぁ。これも同日人物の証拠かも?

    PS/今回からは名前の後ろにFをつけ「たけF」と名乗ることにしました。

    • アキラ アキラ より:

      たけFさん、こんにちは。

      すみませんねえ、お気遣いいただきまして…。
      きちんと“セール”ができるレスラー、それがサイコマン。ということは、同じく“セール”ができるファナは…という論理ですね。ファイトスタイル、というくくりでは確かに似ていますよね。

  5. アトール より:

    アキラさんこんにちは

    名解説者、爆誕しましたね!しかも解説の時はいつものスカルボーズ口調ではなくちゃんと解説者口調になってるし。もしかして彼ってアメリカでは人気のある名解説者なのかもしれませんね!(笑)なんか自分の中では彼がミラノコレクションATさんに見えてきちゃってます。
    あと彼ってネメシスがかつて戦ったロビン、ラーメンマン、スグルと面識がある貴重なアメリカ編超人なんですよね、偶然にも。なので今回彼が抜擢されたのはそんな理由もありそうですね。ってないか…(笑)

    あと次回のネメシスですがラーメンマン戦法が飛び出すことを予想します!ネメシスが百戦百勝脚、回転龍尾脚なんて繰り出したら胸熱です。ってゆうかカッコいい!

    • アキラ アキラ より:

      アトールさん、こんにちは。

      スカル・ボーズ、シブかったですねぇ。風貌もWWEの解説者っぽくて素敵です。ミラノさんもいいですよね。そして彼とネメシスの因縁…なるほど、対戦相手とのリンクがありますね!

      次回、ラーメンマン戦法が出たらまた胸熱いですね。ネメシスの百戦百勝脚、想像もつきませんね!

タイトルとURLをコピーしました