今週のキン肉マン第320話-0.9秒の向こう側!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

 「次鋒レオパルドン、いきます!!」の掛け声とともに、ランペイジマンに突進するレオパルドン。それを「フン! ここは汝ごときが上がってきてよいリングではないーっ!」と切り捨てたランペイジマンは、胸から『パニッシュメントエングレイバー』を槍のように突き出します。

 すわあの瞬殺劇の再現か、と思われた瞬間、背面跳びの要領で『パニッシュメントエングレイバー』をかわしたレオパルドンは、「もう二度と瞬殺超人とは…言わせないーっ!」と叫び、ランペイジマンに見事な延髄斬りを食らわせます。

 その一撃でマットに両手をつくランペイジマン。ビッグボディはレオパルドンのトラウマからの見事な脱却劇に、思わず「レオパルドン、お前!」と高揚した表情で叫びます。それに対し「男子三日会わざれば刮目してみよ」という格言で己の心中を表現するレオパルドン。

 予想外の攻撃を食らったランペイジマンですが、「何をグダグダ言ってやがる」と、すぐにフライングクロスチョップで反撃。そしてすかさずコーナー最上段に立つと、「テトテト、どうした、最初の一撃で終わりか?」と、フライングボディアタックで追撃します。

 それを察知したレオパルドンは、振り向きざまに左手の『レオパルドン パンツァーショット』を放出し、ランペイジマンを迎撃します。三連打を浴びたランペイジマンはたまらずダウン。これを見て「ほう」と感心した表情を見せる神々。

 しかしランペイジマンはすぐにブリッジで立ち上がり、「フン、調子に乗るな、弱小超人ごときが! いいだろう。だかこのリングに上がってきた以上、死を覚悟してもらわねばならん。最初の我がパニッシュメントエングレイバーをかわしたのは見事だった。だがその程度で喜ばれても困るのだ」と釘を刺します。

 すると「グガハハハ…!」と突然笑い出すレオパルドン。さらに「これが喜ばずにいられるか! なぜならまだオレは…闘っている。試合開始0.9秒…屈辱にまみれたあの呪縛の壁を破り…オレはまだ…リングの上に立っている!」と、自分が闘えていることの喜びを口にすると、「ここに立ってさえいれば…オレは強さを証明できるーっ!」と、ドロップキックを敢行。

 しかしそれをあっさりと受け止め、両脇にレオパルドンの足を抱えたランペイジマンは、「何が強さだ。たかが超人が超神相手に何をしようと」という蔑みの言葉とともに、そのまま後方に反り投げで投げ捨てます。それによって脳天を強打し、流血してダウンするレオパルドン。

 それを見たビッグボディは「どうしたーっ! 重戦車のようなお前の突進力の強さは、強力チームの中でもトップレベルのものだったーっ、それがお前の本来の力なんだーっ!」とレオパルドンの力を信じ、エールを送ります。

 それを聞いて「グォゴゴゴ、ありがたき幸せ。このレオパルドン、もうあなた様に恥をかかせる闘いは見せられませぬ。お前がチームの要となれと、かつて身に余る評価を賜った…これが…“強力の戦闘”なりーっ!」と、不屈の闘志で立ち上がるレオパルドン。再び左腕の銃口をランペイジマンに向けます。

 しかし「同じ技を二度もくらうこのランペイジマンではない!」と、すかさず砲身をアームロックに取り、銃口をねじ曲げるランペイジマン。レオパルドンはまたもダウンを喫します。「これでおかしな銃も撃てまい」と言われると、「ま…まだこれしきのことで」と屈しないレオパルドン。

 するとランペイジマンは「ええい、暑苦しいのもここまでだ。やはり超人というのは殲滅したほうがよいようだなぁ~~~っ!」と、苛立ちと蔑みの言葉を発し、レオパルドンをコーナーに放り投げます。

 しかしレオパルドンは「これしきのことでーっ!」と、迫り来るコーナーポストを左腕で破壊し、その破片を背中の主砲に吸い込みます。

 それを見て「何をやってやがる、往生際の悪いヤツだーっ!」と、ランペイジマンが突進すると、上空高く舞い上がったレオパルドンは主砲をランペイジマンにセット。そしてマスクの十字越しにランペイジマンを捕えると、「照準よし! レオパルドンいきます!!」と叫び、フェイバリットである『地獄の砲弾』をついに発射! それが見事にランペイジマンに炸裂し次回に続く、です。

 前回衝撃の再登場を果たし、例の名言とともに突進したレオパルドン。それを受けての今回の注目点は、「はたして瞬殺は免れるのか?」という一点でした。ゆで先生が残酷なギャグ手法をとるならば、開始6コマでまたもや「ギャアーーッ!」となる可能性がありますから(苦笑)。

 というわけで、今回は1ページ目からレオパルドンのコマ数のカウント開始です(笑)。早くも過去のトラウマノーズ・フェンシングを彷彿とさせる『バニッシュメントエングレイバー』が飛び出し、緊張の面持ちで次ページをめくると…見事背面跳びでそれをクリア。その姿はまるで、竹林でマンモスマン対策の特訓をしていたウォーズマンが乗り移ったかのよう(笑)。

 それだけに、ビッグタスク的な2の矢を警戒してページをめくると…それが杞憂に終わる鮮烈な延髄斬りが炸裂。「もう二度と瞬殺超人とは…言わせないーっ!」というセリフとともに、世界中のレオパルドンファンの溜飲を下げたという、歴史的シーンとなりました。

 そしてその瞬間、彼の登場コマは最高記録の6コマに到達し、目標をクリアするのにあと1コマとなります。記念すべき7コマ目は控えめな面積のコマながらも、「男子三日会わざれば刮目してみよ」という、彼の屈辱にまみれたプライドを回復させるのに、一番的確な格言をボソリと口にする素敵さ。言ってやった、言ってやったぞ、レオパルドン! 超神相手に言ったった! 今夜はお祝いだ(笑)!

 ここからは30ン年前には披露されず、今となってはその性能が大きな謎となってしまった彼の装備品が火を吹きます(笑)。ええ、そうです。コ○ラばりのサイコガンのような左腕の銃です。正式名称は『レオパルドン パンツァーショット』ということが判明しました。なんか「その存在は予想されていたのに、なかなかその証拠を観測できなかった重力波がとうとう観測されました」的な感慨を感じますね。ホントにあったんだ、みたいな(笑)。

アインシュタインの予測から100年、重力波を直接検出
米国のレーザー干渉計型重力波検出器「LIGO」が世界で初めて、ブラックホール同士の合体から発生した重力波を検出した。アインシュタインが一般相対性理論を発表し重力波の存在を予測してから100年、ついにその時が訪れ、重力波天文学の新しい窓が開いた。

 これで超神から見事にダウンを奪い、神々の一人からは「ほほっ!」という称賛の一声を賜っています。これ誰かな? 調和の神かな? ちょっとよくわかりませんが。

 そして過去の悪夢を払拭し、闘うという喜びに打ち震えるレオパルドンを見ると、「ホントよかったなぁ、お前ぇ~」と、目を細めている自分がいることに気づきます(笑)。あの惨劇時、私は中学生。そして今は50手前の立派な? 中年。“中”は辛うじて被っていますが(苦笑)、大きく違う私の立ち位置。その時空を飛び越えて迫り来るカタルシス。みんな、このチャンスを逃さずに充電だ! あの頃の純粋なワクワク感を充電だ(笑)!

 でもよくよく考えると、超人が闘うってごく当たり前のことなんですけどね。その当たり前の事象で世界中がこんなにも手に汗握ってるって、軽く異常事態です(苦笑)。八百屋さんが「オレはまだ…お店で野菜を売っている!」と言っているようなものですから(笑)。ただあれだ、みんな。ここは冷静になっちゃだめだ。この異常事態に乗っかっていこう(笑)!

 そんな異常事態に乗っかっていくと、今度は“エース・レオパルドン”という衝撃の告白に全国仰天です。みなさん、聞きましたか? 要ですよ? 彼はチームの、メンバーの要としてビッグボディさんから招かれていたんですよ。これを読んだとき、私には日本地図がひっくりこける様が見えましたよ(笑)。月曜日の早朝から、マグニチュード9くらいの大激震が発生した瞬間です。

 それならば、何故に彼を次鋒に…⁉ という全国からの総ツッコミを一身に浴びるも、「これが…“強力の戦闘”なりーっ!」という雄叫びでそれをねじ伏せるレオパルドン。さすがはチームの要、力業で全国のクレームを寄せつけません(笑)。

 ただその直後に、伝説の武器だった『レオパルドン パンツァーショット』を、あっさりとランペイジマンにヘシ曲げられるあたり、以前のやられっぷりのよさをまだ失ってはいないことを我々に証明してくれます。この絶妙なポンコツ具合、そこにシビれる、あこがれるぅっ(笑)!

 そして最後はもう一つの伝説の武器、そう、あの幻の『地獄の砲弾』が、とうとうそのベールを脱ぎ捨てます。ビッグボディさんの『メイプルリーフ・クラッチ』と並び、その実体が確認できていなかった幻のフェイバリット、『地獄の砲弾』。

 もはや作品内のUMA(Unidentified Mysterious Animal:謎の未確認動物)ならぬUMF(Unidentified Mysterious Favorite:謎の未確認必殺技)となっていたあの技を、令和の世になって目の当たりできるなんて、私たちは何という幸運なんだ!

 そのフェイバリットが、たとえ弾の装填が外部吸い込み(ターンバックルのかけら)式であろうと、ドムのようなマスクの十字が実は照準を兼ねていようと、そんな別次元での衝撃は置いておこう(笑)! ただ素直に伝説のUMF、『地獄の砲弾』が見られたことに、感謝をしようじゃありませんか(笑)。

 そして、それが確実にランペイジマンにヒットしたことを確認し、安心して次回を迎えられることを喜びましょう。最悪次回、それがノーダメージ表現をされようとも(苦笑)。

 まあね、今回で彼はすべてを出し切りましたからね。それに対してランペイジマンは何も出していないですから。次回からの展開はなんとなく予想できるんですけど。オメガの六鎗客VSへっぽこ正義超人との闘いと、似たようなニュアンスになるんじゃないかな…ただ、ジャンクマンVSペインマンのパターンも夢見つつ、次回を待ちましょう。

 ちなみにもう一度レオパルドンの復習をされたい方は、こちらもどうぞ。もうしつこいかな(苦笑)?

 もう一つ、web上では3年ぶりに『オレ流超人批評』の新作を書き下ろしました。久々の超人批評は…ベンキマンです! 今年本編休載中に、その読切作品がリバイバル掲載されていましたよね。こちらもよろしかったらどうぞ。

 その他気になった点は

  • アトランティス、ティーパックマン、レオパルドンの3超人を、“弱点克服3兄弟”に任命したいです。
  • でもホント、竹林特訓のウォーズマンに見えた(笑)。
  • ランペイジマンには相手への敬意がないな。超神にそれを求めてはいけないのだろうけど。
  • ただ他の11人もそうだと、みんな性格悪く見えそうだな。神様なのに。
  • ランペイジマンは空中技多めですね。
  • 『レオパルドン パンツァーショット』の弾丸は何製なんだろう? 空気砲にも見えるが…
  • ランドセル型の主砲のせいで、レオパルドンが亀仙人に見える時がある(笑)。
  • 突撃時は「グオゴゴゴ」、笑う時は「グガハハハ」。徹底しているぜ、ゆで先生(笑)!
  • 攻勢直後には必ず叩きのめされるレオパルドン。読者を心配させるキャラがブレていない。
  • 主砲という障害物があるのに、脳天から落ちる技能を持つ男・レオパルドン(笑)。
  • 読者を心配させるためには、物理法則なんてクソくらえだ!
  • 熱いビッグボディさんのエール。意外に褒めて伸ばすタイプの上司。
  • かなめ】…最も大切な部分。要点。(出典:google検索)
  • あのアームロックはエグい。
  • 私たちにとっては“伝説の銃”も、超神にとっては“おかしな銃”とピシャリ(泣)。
  • ランペイジマンは後ろ姿もスタイリッシュだな。色気がある。
  • 下腹部の×印が、もう少し下になくてよかった(苦笑)。
  • 顔の十字照準はうまいな~。脱帽です。
  • 『地獄の砲弾』は散弾なのかな?

 こんなところでしょうか。

 さて、9/4に最新刊の72巻が発売されました。オメガ・ケンタウリの六鎗客編の大団円を、みんなで楽しみましょう。また、私の著書もよろしかったらどうぞ。

コメント

  1. 柩幸 より:

    地獄の砲弾は普段ならコーナーポストを砕き装填するんですかね?今回のコーナーポストは石っぽいのでダメージが減っていないか心配です……。
    強力の戦い……もう少し筋肉を活かした強力チームに恥じない肉弾攻撃の奥の手を隠していて欲しいですね……(笑)今は強力というか……良くも悪くも戦車(笑)同じ戦車超人ハンティングならどう見ても腕を使ってのレスリング技は仕掛けられ無いでしょうけどレオパルドンには右腕がある!
    劇場版一作目に出てきたガンマラーとの撃ち合いとか遠距離戦も見てみたいですね……レオパルドン。

  2. Mk より:

    始めまして、当初超人批評から入り現在今週のキン肉マンを毎回楽しく読ませて頂いております。
    34年前はあれっ?と思ってしまいましたが、レオパルドン本当に頑張っていますね!超人批評ビックボディチームにもありました王位継承編ではレオパルドンが副将で順番が違っていたという批評は間違いではなかったかも知れないですね。
    ランペイジマンにリングに上がることを許された?ことも大きな栄誉ですね。今週でやや出し尽くした感はありますが延髄ぎりやドロップキックの肉弾戦も見られたし、もう1場面2場面見せてほしいですね。

  3. より:

    毎回面白い感想を見させて頂いてます。
    ただ、今回で一つゆでたまご先生が苦言を呈している事も紹介して頂ければと思っています。
    前回のラストのあの名シーンをスクリーンショットで張るという事が横行されて以来、勿論世紀の名キャラ復活と共に盛上るのはいいのですけど、だからといって何をやってもいいっていうのは、折角紙面(プレイボーイ誌)でも復活しているのに水を差すし、今後の事にも影響が出る事だと思います。
    アキラさんの様にちゃんとした感想をかける人もいる中で、Twitterとかでは一部残念な事を言ってる輩もいるのも事実なのですね。
    こういうのも取り上げて、一つの啓発としてゆで先生のWBE上で画像が上がってる事について思う事も、アキラさん視点であげて欲しいと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました