今週のキン肉マン第343話-神聖なるタッグ!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

【注意】
この記事には
作品の感想が記載されています。
場合によっては
意としないネタバレとなりうるため、
読み進める場合には
十分ご注意ください。
また、著作権保護の見地から
この記事をご覧いただく前に
①Webサービス版
②紙媒体の購入
等でオリジナルの作品を読み終えてから
以下の記事を読み進めることを
お勧めいたします。

 前回は“とうとうあの英国紳士超人復活か?”という引きだったのですが、今回はそれに対する続報はなしです。ゆで先生、引っ張るなあ。お預けをくらっている気分ですよ(苦笑)。

 さて、自分の命を託したマンモスマンは、リング上で大の字です。息も絶え絶えに最後に口にしたのは…かつての主であるフェニックスに対するエールでした。

 実はマンモスマンのフェニックスに対する心情も、密かな注目点ではありました。というのも、時系列にいえばこの時点での両者の関係は、けしていいものではなかったからです。

 先の王位争奪戦で、フェニックスにいいように使われた挙げ句、最後には“用なし”という非道な扱いで切り捨てられたマンモスマン。そんな関係性を考えると、今回フェニックスの要請に応えて闘ったこと自体、奇跡的ですらあります。

 フェニックスは今回の闘いにおいて、知性の神からの要請を受けてその腰を上げました。ただその時の反応は「あんたとは金輪際関わり合いたくない」という、嫌悪感を丸出しにしたものだったわけです。

 マンモスマンにとってもきっとそれは同じで、フェニックスからの協力要請がきたときにはおそらく

あんた、よくオレの前に顔を出せたな。

という反応であったと思われます。マンモスマンにとってのフェニックスは、フェニックスにとっての知性の神に等しいからです。

 ですので、彼が最後にフェニックスに対して「絶対にしくじるんじゃねぇぞ…大将」とエールを送ったのは、ちょっとした驚きでした。

 ただ「プライドの高いアンタが、頭を下げた」とマンモスマンは言っているので、以前の仕打ちに対しては、きちんと謝罪をしたのかもしれません。

 そのフェニックスの真摯な態度と超人存亡の危機、そして神との闘いという戦闘的好奇心、それらが折り合わさって、今回の参戦となったのしょうか。そして彼は崩れたリングごと、炎の中に消えていくことに。

 これを境にシーンはローマのコロッセオに転換されます。マンモスマンの散り様を見たフェニックスは

ヤツはきっちりと仕事を果たしてくれた

と口にすると、「自分は自分の仕事をするだけ」と切り替えます。一見冷たそうですが、彼の性格を考えると最大級の賛辞ですよね(笑)。いろいろと感情表現が面倒くさい方なので、わかりづらいですよね(苦笑)。

 そしてBP砲に相対する超神コンビもフードオープンです。一人は髪の毛がアフロ系で、北欧チックな出で立ちの“理性の神”イデアマン。ぱっと見で感じたのは…ウルトラマンキング(笑)?

 鼻から下が似てるな~って思うんですけど、皆さんいかがですか? 彼で超神も4人目ですが、まさかここでウルトラマンキング似の、オヤジ系超人が現れたのにはびっくりです。ゆで先生、なかなかに勝負を賭けてきた感じです。

 ただこのイデアマン、今までに超神と比べると、登場シーンがちょっと地味です。やっとフードが取れたわりには、大ゴマでのアピールシーンはなく、淡々と試合が続きます。

 そして自身と知性の神との因縁について、フェニックス相手に世間話をした後で、やっと1ページを使って自己紹介です。初見インパクトを無視したパターンでの登場は、最近では珍しいですよね。なんか扱いこれで大丈夫なのかな? と、こちらが不安になってしまいました(笑)。

 さらにもう一方の超神もイデアマン同様、小さめな露出を経てからの大ゴマ紹介です。第一印象は…ガオン? 彼はガオンじゃないんですか(笑)?

 なんか…似てるよなあ。その名は“狂気の神”ことザ・ノートリアス。マスクやボディスーツにチャックがついているので、オーバーボディ感ありありですね。

 そして二人は超神の中でも、最強のタッグ屋としてならしてきたらしいです。そのチーム名は“マイティハーキュリーズ”。超神にもタッグ屋が存在していたことが驚きです。

 というか、神々って普段から格闘技で競い合っているんですね。そもそも論で、この作品における神々の通常形態がよくわからないんですよ。デフォルトで彼らがどういう状態なのか。

 よくある表現で、顔だけの場合があるじゃないですか。思念体の表現というか。スグルの王位受任式時の神々はそれでしたよね。それが正だとすると、普段彼らは肉体がない状態なわけです。

 でもあるときは普通に肉体を伴っているじゃないですか。邪悪五神が陰謀を企てているときとか、過去の神々の会議風景とかにでてくるあれです。

 あの時の肉体というのは、どういう扱いなのか。元々肉体があるのに、なぜに下天するときは、わざわざ1万パワーを使って受肉し、別の形態になる必要があるのか。

 ちょっとね、このあたりの設定がまだフワフワしているので(笑)、正直よくわかりません。神々の世界での肉体は、地上では維持できないという仕組みなのかもしれませんね。

 勝敗予想としては…BP砲の勝利で。なんか今回から“ゴッドセレクテッド”というチーム名を、アナウンサーからつけれらたようですが。BP砲のままでいいんだけどな(笑)。

 やはりフェニックスの2連敗はありえないでしょう。相手の超神もいうほど強そうではない…というか、一見いちげん臭を漂わせているので(苦笑)、大丈夫でしょうと。

 ただこれまでフェニックスチーム勢は必ず落命の運命なので、フェニックスも試合に勝って命を落とす、という結果はあるかもしれません。ビッグボディはしぶとく生き残るかもしれませんが(笑)。

 というか、最近のビッグボディはキャラが立ってきたので、捨てるに惜しいキャラのステイタスを確立しつつある、というのが私の見立てです(笑)。

 あとポイントとしては、イデアマンと旧知である知性の神が、試合にどう絡んでくるのか。イデアマンとの何かしらのコミュニケーションはあると思うので、あのメガネが何を言い出すかも注目です。

 その他気になった点は

  • 今回のラーメンマンは、男塾でいうところの富樫・虎丸扱いのように見える(笑)。
  • イデアマンはファッション誌『LEON』あたりの登場を目指して欲しい(笑)
  • 実は“イケジジイ”キャラとしての、新たなキャラ像確立を期待しています(笑)。
  • イデアマンの笑い声は「ヌガッ、ヌガッ」。
  • フェニックスに“変人だな”と即座に斬り捨てられるイデアマン(苦笑)。
  • 礼儀はわきまえているイデアマン。さすがは理性の神。
  • ノートリアスとは、“悪名高い”というような意味らしいです。
  • 猫耳がある限り、何をやってもかわいくなりそうなノートリアス(笑)。

 こんなところです。そうそう、キン肉マン最新刊74巻、発売中ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キン肉マン 74巻
価格:484円(税込、送料別) (2021/4/7時点)

コメント

  1. REVOY より:

    イデアマンはウイングマンの敵ポドリムス人(特にゴーストリメル)にも似ていると思います。

    • アキラ より:

      REVOYさん、こんにちは。

      ウイングマンのポドリムス人! 懐かしいですね。この固有名詞がスッと出てくることに胸躍ります(笑)。

      そしてそのご意見…おっしゃるとおりです(笑)。

  2. 柩幸 より:

    イデアマンは……
    老けたミスターアキレスと言うイメージを持ちました(笑)
    タッグ名が所謂ヘラクレスから取られているのが気になりますね。
    イデアマンも多分ミスターアキレス同様にギリシア超人扱いの超神になるでしょうから。
    ノートリアスのゼブラ感とイデアマンのギリシア+ナイスミドルな風貌によるパルテノン感と……ゼブラ&パルテノンのタッグとフェニックス&ビッグボディの試合っぽさに見えなくもないと(笑)
    ノートリアスのオーバーボディ感は強いですね。二世の超人っぽいというか……。

    • アキラ より:

      柩幸さん、こんにちは。

      ミスターアキレス…またレアなところから攻めてきましたね(笑)。言わんとしていることは理解できます(笑)。

      ノートリアスは確か二世超人っぽいですよね。

タイトルとURLをコピーしました