今週のキン肉マン第272話-超人ハンターの使命!!

今週のキン肉マン
スポンサーリンク

 勝利の後、力尽きてダウンしてしまったスグルを見たフェニックスは「キン肉マンめ、勝つのは当然として…やはりこうなってしまったか。余分なヒントを与えてしまったらしい。わかっていたことだがやはりヤツは…優しすぎる」と、あらためてキン肉マンの人間性を実感し、そのお人好しぶりに感心の苦笑いをします。

 アリステラは「そうだな、ヤツの優しさは尊敬に値する。その慈悲は底無しだ。あれこそまさにキン肉星の大王にふさわしい器」と、高い評価をするも「ディクシアをボロ雑巾のように使い捨てたお前とは大違いだなァ、フェニックス!」と強烈な皮肉をフェニックスに浴びせます。「なんだ、怒っているのか? 家族仲がいいな」とフェニックスが返すと、アリステラは激高し「アイツには使命があった。それをふいにしたのはフェニックス、お前だ! お前なんぞを信頼して合流したディクシアのミスとも言えるが、それ以上にお前の無能さがオレは腹立たしくて仕方がない!」と、フェニックスを強く非難。

 さらに「もしお前が順当に争奪戦を制し、ディクシアを生かしたままでいたならば…我ら六鎗客とてわざわざ地球まで来ずに済んだのかもしれないのだからな!!」と、フェニックスの不甲斐なさがオメガの計画を台無しにしたと責め立てます。

 しかしそんな非難には取り合わず、「お前の恨みの骨子がよくわからんな。そもそもヤツはなぜオレのチームを選んだ? ヤツは無言のまま死んだ。できれば仲良し双子の兄であるお前の口から、その真相を聞かせてもらいたいものだなぁ、アリステラよ」と、逆に凄味を利かせてアリステラに詰め寄るフェニックス。

 すると「いいだろう、聞かせてやる」と、アリステラはディクシア行動の一部始終を以下のように話し始めました。

  • そもそもディクシアをスパイとして送り込んだのは、フェニックスチームではなく超人墓場であった。
  • 当初のディクシアの任務は、オメガの仇敵であるザ・マンの最新情報収集であった。
  • 門番であるミラージュマンにも認められ、超人墓場に完璧超人として潜り込むことに成功した。
  • そしてザ・マンの今の素行、実力、言動を調査すると同時に、オメガの星を救う可能性のある“マグネット・パワー”の研究情報も手に入れようとした。
  • その情報の中枢に至るためには何より完璧超人として認められ、それなりの立場を得ることが必要だった。
  • そのために完璧超人としてその実力をいかんなく発揮し、ザ・マンに一番近い立場に昇りつめるよう邁進した。
  • そしてとうとう最大のチャンスがやってきた。

 という過去の話が披露されて次回に続く、です。

 本格的にフェニックスVSアリステラが始まりましたが、ここでディクシアの本当の役割は何だったのか、という過去エピソードが挿入されました。これは興味深いですね。アリステラとフェニックスが絡むことになってから一番の関心事でした。オメガの先遣隊として超人墓場に潜入するということが当初の彼の任務だったようで、そこから“超人ハンター”として超人閻魔(ザ・マン)からネプチューンマン抹殺を依頼されるというエピソードにつながるんですかね。

 ディクシアについて私は『オレ流超人批評・オメガマン』において、「フェニックスと超人閻魔という2君に仕えているという設定がややこしい」と指摘していましたが、今回のエピソードではそれをすべて回収してくれそうな勢いなので、ホント楽しみです。当時はゆで先生も後先考えない設定をしていたと思いますが(笑)、30年の時を経てそれを見事に実らせようとしているのがヒシヒシと伝わってきますね。

 そして超人墓場、超人閻魔と関わった後に、どのような流れでフェニックスチームに合流するのか、というエピソードも興味深いです。そしてフェニックスチームに合流するという選択が間違っていたとアリステラが酷評するに至る心境も詳しく知りたいです。かなりボロクソに言ってましたからね。当人を目の前にして。

 ただそれくらいオメガの民にとっては、フェニックスは期待外れだったということなんでしょうね。その二人が今対峙しているので、エピソード後に再開される試合も、より因縁が深まって盛り上がりそうです。

 あと思いのほか、アリステラのスグル評が高いですね。「尊敬に値する」「慈悲が底無し」「それこそ大王にふさわしい器」と、最大級の賛辞です。ここまで肯定的というのは、「王とはこうあるべき」という価値観が、スグルの価値観と近しいということになるので、彼もオメガの王としてそんな懐の深さを目指しているんですかね。

 特に“慈悲”を評価している点は興味深くて、アリステラは普通にいい人なのでは…? と思ってしまいます。オメガでは本当に慕われるいい大将なんじゃないかな…? フェニックスの「あいつらしいぜ」という苦笑いの表情も私は好きですけどね(笑)。やはりフェニックスも改心しているんだなあと。

 その他気になった点は

  • アリステラのディスりに、憎たらしいほどの冷静さで受け答えするフェニックス。
  • 感情によって口元の穴の角度が自在に変わる、アリステラのホッケーマスク(笑)。
  • オメガの宇宙船の形がΩ(笑)。このセンスがたまらない(笑)。
  • 久々の登場、超人墓場の門番・ミラージュマン。
  • ディクシアと闘っているのはアモイマンかな?
  • 超人閻魔の左右に並ぶ完璧無量大数軍の面々。親衛隊っぽくていいな。

 こんなところですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました