体育館で冒険ファンタジーすごろく その5-武器・魔法カード作成編

オレ流近況報告-2022年
スポンサーリンク

 みなさん、こんにちは。

 この記事は

小学生のレクリエーションで体育館をまるまる冒険ファンタジーすごろく”にして、子どもたちをキャアキャア言わせてやろう

というミッションに挑んだ記録ブログです。

 ですので

体育館全体をすごろく⁉

ちょっと面白そう!

と感じた方は、ぜひご一読を。

前回までのおさらい

 前回までで決まったことは以下のような感じです。

  • ジャンルは王道正月系すごろくを採用
  • スタートは混雑緩和で4角の4ヵ所設定
  • すごろくレイアウトは外周、内周プラス4方向から中央ゴールへ
  • 4分割したエリアをアクションエリアとして利用する
  • 9種のミッションを配置する
  • 遊戯王チックなカードをギミックとして絡ませる
  • カードは“召喚獣カード”、“伝説の武器カード”、“魔法(攻撃)カード”、“魔法(補助)カード”を作成する
▲4つのアクションエリア設定
▲9種のミッション
▲全体レイアウトマップ
▲召喚獣カード

 前回は“召喚獣カード”を作ったので、今回はよりすごろくをエキサイティングにするであろう

  • 伝説の武器カード
  • 魔法(攻撃)カード
  • 魔法(補助)カード

といった3種類のカードを作っていこうかと思います。

“伝説の武器”を考える

 実は…武器カードは作るつもりはなかったんですよね。仕事が増えるから(苦笑)。

 ただ召喚獣カードやモンスターを作成するために使わせていただいた素材サイト様には、モンスターの他にもカッコいい武器が多数アップされていたんですよ。

https://nanamiyuki.com/

 こちらのサイト様ですね。

 ここを見ちゃうともう、作りたくなってきてしまうわけですよ、“伝説の武器”カード(笑)。

おおっ! 武器カードでモンスターを一撃だぜ!

なんて状況があったら、ちびっ子もテンション上がるでしょ、おそらく。

 能力としてはレベルと属性についてそれぞれ個性づけをし、状況がハマれば大きな結果を出せるようにチューニングしました。

 その結果、こんな伝説の武器を5種類も作っちゃいましたよ(笑)。

 武器のネーミングは、基本は神話に頼ることにしました(笑)。今までやってきた数々のゲームもそうでしたからね。馴染みもあるし。また

実際の話、神話で伝わる武器名ってカッコいいんだよな♪

という事実もあります。

 ネーミングの時間短縮とカッコよさ、そして自己満足も兼ねられる、ということで

  • ティルフィング…北欧神話の古エッダ、サガに登場する魔剣。
  • ゲイボルグ…アイルランドの説話に登場するクー・フーリンの持つ槍。
  • フェイルノート…アーサー王伝説の中の『トリスタン物語』に登場する弓。

の3つが決まりました。

 ただ斧と杖は神話でも有名どころがなかったので、特性と形状の英語を合体させました。

  • ヴォルタックス…“ボルト(電圧)”דアックス(斧)”
  • シャイニーワンド…“シャイニー(光る)”דワンド(杖)”

 やや中二病発症ですね(苦笑)。また自分自身

シャイニーワンドて…プ●キュア臭がすごいな…

と思ったのは秘密です(苦笑)。

“魔法(攻撃)”を考える

 伝説の武器があるファンタジーすごろくであるならば、やはり“魔法”もなければダメでしょう。

 魔法は攻撃魔法と補助魔法に分かれるので、まずは攻撃魔法を考えます。

 ただ今回はモンスターに炎氷雷風の属性を持たせているので、それぞれの属性に勝てる魔法を4つこしらえるというシンプル案にしました。具体的には

  • ファイア…氷属性モンスターに強い
  • ブリザード…炎属性モンスターに強い
  • サンダー…風属性モンスターに強い
  • トルネード…雷属性モンスターに強い

といった仕組みです。わかりやすくていいかな、と。

 魔法の名前もあえてそのままにしました。ここでも中二病を発揮してこだわってもいいのですが、

単純な名前の方がちびっ子もイメージしやすいかな?

と思ったわけです。

 あとザコ敵を蹴散らせる、レベル対応の攻撃魔法も一枚追加し、都合5枚の攻撃魔法カードができあがりました。

“魔法(補助)”を考える

補助魔法のコンセプト

実は“召喚獣カード”に次いで力を入れないといけない

と思っていたのが、この“魔法(補助)カード”です。“お助けカード”と言い換えてもいいかもしれません。

 イメージ的にはドラクエで言うところの

  • ルーラ
  • バイキルト

桃鉄でいうところの

  • 特急カード
  • ぶっとびカード

にあたるでしょうか。

 すごろくという性質上、“進む”や“戻る”、さらには“ふりだしに戻る”といった指令があるので、思うように進めないことがあると思うんですよ。

 しかも今回のイベントは初物の一発勝負なので、ゲームバランスを検証し、難易度をチューニングする機会がないんですよね。つまり

意地悪すぎる!

難しすぎる!

という現象が起こり得る可能性があるわけです。となると、相手はただでさえちびっ子なので、早々に飽きちゃうんじゃないかなと。

 ですので上記のような“お助けカード”を用意し、復活支援を手厚くしようと思いました。その結果

なんだよ、すごく簡単じゃ~ん!

あっという間にクリアしちゃったよ!

という現象が起きる可能性もあるのですが

意地悪すぎる!

難しすぎる!

となるよりは、達成感を得られていい気分で帰途についてもらえるから、それはそれでいいのかな、と。

 もしも速攻でクリアしたチームが時間を持て余しそうだったら、

2周目、チャレンジしていいよ!

と言えばいいことですからね(笑)。

 あと何度も言っていますが、すごろくに『HUNTER×HUNTER』の『グリードアイランド』的なニュアンスを出したいんですよね。

©冨樫義博

 あれもいろいろなカードがあって、プレイヤーの行動選択量を増やし、ストーリーに深みを増しているじゃないですか。

 プレイヤーにはカードホルダーを渡して、収集したカードを格納してもらい、使用するときは

ブック!

なんつってそのカードホルダーを開くんです。テンション、上がりません(笑)?

 というわけで、プレイヤー救済を前面においたカードの内容を考えていきます。

ワープ系

 なんといってもすごろくで萎えるのは、“ふりだしに戻る”でしょうか。それに対する救済カードとして、ルーラ的なワープカードは必須です。

 ここで考えたのが

  • 好きなマスに飛べるカード
  • 他のプレイヤーがいる場所に行けるカード

です。ワープの方法に差をつけたんですね。

 前者は自由度が高く万能なのに対し、後者は制限があり、運に左右されるのですが、

あいつの横にくっつくぜ~!

みたいな演出ができ、それが友達同士だったら盛り上がるかな、と。

ミツルくん
ミツルくん

カッちんの隣までワープだ!

カッちん
カッちん

あっ、ミツルくんがやってきたぞ!

てな感じで(笑)、ワイワイ、キャアキャアとなればいいんですが。

サイコロ系

 すごろくなので、サイコロに付随するギミックは欲しいところです。

 王道はやはり“特急カード”的な、サイコロが増えるやつでしょう。桃鉄ほどマップが広いわけではないので、今回は“サイコロ2つ”にしておくことにしました。

 あとは“振りなおし”ができるカードを作りました。

また1かよっ!!

に対する救済措置ですね(苦笑)。

 これで少しでもすごろくのテンポがよくなればいいかな、と思います。

ズル系

 このすごろくにはすべてのマスに“~しろ”という指令ミッションがあるのですが、それをすべてやるのもしんどいです。ですので

  • やりたくないミッションは飛ばせるカード
  • ミッションを誰かにやってもらうカード

という2種類を作りました。

 特に“誰かに押し付ける”は、会場に来ているお父さん、お母さんも参加しやすくなり、保護者の方々も盛り上がるかな、と。

 また、友達同士で

やっちゃん、これやってくれよ!

やっちゃん
やっちゃん

なんでだよ!

みたいな光景が目に浮かんで、面白そうじゃないですか(笑)?

増殖系

 お助けカードの最後は、手持ちのカードを増やすカードにしました。

 このすごろくでは、運が悪ければカードを得る機会が少ない場合もあります。

 ですので、一度手にしたカードをコピーする、もしくは使ってしまったカードを復活させる、という救済策も考えました。

 これらがあれば、だいぶユーザーフレンドリーになるのではないかと。しかも

『クローン』で『リバイバル』を増やし、使った『クローン』を復活させれば…永遠にカードが…あれ? これ裏ワザじゃね?

みたいなコンボも可能です。気づけば、の話ですけどね(笑)。

 ある意味バグ技ですけど、プレイ中に気づけばあっぱれです。

おわりに

 以上、“武器・魔法(攻撃)・魔法(補助)”カードの作成でした。

 これにてカードの制作は完了です。はたして実際にどれくらいカードが乱舞するのかはわかりませんが、せっかくの機会ですからね。ちびっ子には余るほどカードを獲得してもらいたいものです。

 そしてプレイ後に、友達同士でダブりカードのトレーディングなんてしてくれたら嬉しいですねぇ(笑)。作った甲斐があったってもんですよ。

 そしてもしこの企画が好評で、第2回がある場合には

第1回で獲得したカードを持ってきていいよ!

なんていう、経験者権益を許可してもいいのかな、なんて思っています。それでリピーターになってくれたら最高でしょ(笑)。

 というわけで次回に続きます。

楽天ブックス
¥3,319 (2022/04/15 12:42時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました